雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
珈琲日和
万華鏡
しろつめ文庫
ハーブガーデンしろつめ。
木蔭のアムゼル
カテゴリ
全体
あること
よむこと
きくこと
みること
であうこと
いただくこと
ならうこと
雨音
小冊子「雨音」
蜜ろう作家
ものがたり。
旅すること。
手仕事。
絵本
未分類
以前の記事
2013年 05月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
寒々と。けれども潔く。
寒い 寒い,冬の始まり。

私の住む町では,朝から低く灰色の雲に覆われて
お日さまの光も,温かさも,遠い遠い,国のよう


冷たい風の精は,私の肌に,ぴたりとくっつき,
体温を少しだけ奪ってゆきます。
そしてまた,嬉しそうにひらりと舞い飛び,他の人へとゆくのです。



冬枯れのはじめの草原には,長く細い道が,ゆっくりとカーブをつくり,
ずっと向こうで,消えてなくなる

葉を落とした木々たちは,いよいよの季節に
寒々と,けれども潔く,その到着に,身構えているようです


こんな日には,暖炉を燃やす朱い炎と木炭の煙
煙突から遠く遠くに,たなびく風景が浮かんできます。


温かさをいっそう愛おしく感じる季節


冬の物語が,今年も訪れたようです...



 
[PR]
by clover-f | 2008-10-31 23:43
<< 待ち時間。 古い歴史の音を訪ねて。 >>