雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
珈琲日和
万華鏡
しろつめ文庫
ハーブガーデンしろつめ。
木蔭のアムゼル
カテゴリ
全体
あること
よむこと
きくこと
みること
であうこと
いただくこと
ならうこと
雨音
小冊子「雨音」
蜜ろう作家
ものがたり。
旅すること。
手仕事。
絵本
未分類
以前の記事
2013年 05月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
枝の雪
b0120001_2221821.jpg

木蓮がきれいです

通勤途中には6本の木蓮の木があって
その6本の木蓮の
ごきげん伺いがとても楽しい通勤時間を過ごしています


まだ小さな可愛らしい枝ぶりもあるし
風格を漂わせる立派な存在も

朝日を浴びた透明な花びらも
また贅沢で、すばらしいものです



最近は、将来の自分のおうちのことに想い巡らせているのだけれど
今、浮かぶのは、家ではなくて、庭のことばかり

どんな季節に、どんな花を咲かそうか
どんな木を植えようか
わくわくしながら考えています


金木犀
茉莉化
紫陽花

そして、木蓮


香りも色も、優しい花木たち


木蓮は、白がいい
お坊さんみたいな名前もいい


今は、春を迎えた最後の忘れ雪のように
枝にふっくらと降り積もる花びら


そしてその花びらが、一斉に舞い落ちる時
咲いているその姿より、ずっとずっと
胸がぎゅっとなるくらい
ドラマチックな瞬間に出逢えるのだと思います。


生きることは、花木のように
いくたびと花を咲かせ
潔さにそれを散らし


巡る季節に少しずつ
枝を蓄えてゆくことなのですね
[PR]
by clover-f | 2008-03-11 22:02
<< 追いかけっこの春! 雲と >>