雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
桜のある一日。
b0120001_21255018.jpgずっと昔,古い村だった場所,今はダムになっています。
静かに耳を澄ますと,村祭りのお囃子が聞こえてきそうな,桜の集落。

600年もの長い時間,ただそこにそびえ,大きな雷に打たれてもなお,咲き続ける風格ある桜。
枝には,苔がむしていて,堂々としているのだけれど,
じっと目をこらすと,小さな女の子がちょこんと座っている姿が見えるのです。

広い広い芝生の広場に,凛々しく並ぶ1000本の桜。
夜の提灯は,まるで,もう一つの世界へ案内をしているよう...


一日で,出逢った桜。


一緒に出掛けた友人も,桜の枝にこしかける,小さな女の子をみたのです。
どきどきする,そして,悲しいほど美しい。桜のある一日でした。




 
[PR]
by clover-f | 2009-03-26 21:26
<< 3年のくくりと,友の声。 魔法使いよりも,魔女がいい。 >>