雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
珈琲日和
万華鏡
しろつめ文庫
ハーブガーデンしろつめ。
木蔭のアムゼル
カテゴリ
全体
あること
よむこと
きくこと
みること
であうこと
いただくこと
ならうこと
雨音
小冊子「雨音」
蜜ろう作家
ものがたり。
旅すること。
手仕事。
絵本
未分類
以前の記事
2013年 05月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
暗闇の木々たち。
b0120001_2232934.jpg
今日も川沿いを歩く。

街頭のない川沿いは,真っ暗闇で,空はどんよりと重苦しい。
風も吹かず,たっぷりとした湿度が,おでこをぬるり。と,なでてゆきます。

川沿いに住む木々は,枝だけのシルエットで,毛細血管のように浮かび上がります。
暗闇に浮かぶ幻想的な風景。

でも,枯れ枝のように見える木々の枝は,じっと息をひそめているだけで
脈を打つ音が,確かに聞こえてくるようです。


突然。
ぐんぐん進む,湿った空気に,甘い香りを感じました。
進むにつれて,どんどん濃くなる香り。


「梅の花の匂い!」


そう言ったのは私だけで,一緒にいた人たちは,だれもその香りに気づかなかったけれど
確かに梅の花の香り。


暗闇の枝
脈を打ちながら,息をしはじめているようです


胸が膨らむように,花びらをゆっくり膨らませ
たっぷりと,空気を含んだふくよかな,つぼみ。





「咲くよ。咲くよ。 もうすぐ,咲くよ。」
[PR]
by clover-f | 2009-01-21 22:04
<< 花の木の下。 焦らずとも,遠からず。 >>