人気ブログランキング |

雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
涙がでそうになるのです。
b0120001_22161719.jpg


とりたてて,今日は何を書こうとか言うこともないのだけれど,そういえば,12月だなぁなんて。日々のせわしなさの中,と,いうほどでもない,生活の中。何がせわしないことなのかなぁなんて,ちょっと鈍感になったりしています。鈍感になった振りをしているのかもしれないけれど。

今年出逢った,森や,そこで暮らす木について,ひとつひとつを思い出したりする時間は,そんなほんの少し,葛藤と共にある時間に,安らぎを与えてくれます。

冬の寒さ,凍える日。かたいつぼみは,春を確かに感じさせてくれたし
生命力溢れる芽吹きの季節は,体中から,緑のエネルギーを感じました。
そういえば,指先からにょきにょきと,葉っぱが出てきたのも,今年の素敵な出来事。

夏は,誰よりも先に光を浴びようと,燃えるような戦いを繰り広げ
夏の終わりの安堵した森の居心地のよさに,涙がでそうになりました。

紅葉も散り,フィナーレを迎えた森の木々たち。



それでも,木々の美しさは,毛細血管のような枝のシルエットで
私を森へと誘います。




カラカラに乾いた葉っぱの中を歩く
お日さまに向かって空を見あげる

見あげた先の,木々の枝に,固い芽吹きの準備が始まっていることに


また,涙が出そうになるのです。


森を歩くことは,そのまま,私が私でないものになる瞬間で,服を着ているとか,誰かと待ち合わせているとか,夕飯は何食べようとか。日々の暮らしがするりと抜ける瞬間でもあります。

私が人間でなくなる瞬間。
人間は,そんな時間が多ければ多いほど,幸福を得られることを
今年は,強く,感じました。


森があることは,奇蹟
森と出逢えることは,幸福。




 
by clover-f | 2008-12-09 22:25
<< 森とつながる蜜ろう作家 遙か遠くの記憶の風景。 >>