雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
珈琲日和
万華鏡
しろつめ文庫
ハーブガーデンしろつめ。
木蔭のアムゼル
カテゴリ
全体
あること
よむこと
きくこと
みること
であうこと
いただくこと
ならうこと
雨音
小冊子「雨音」
蜜ろう作家
ものがたり。
旅すること。
手仕事。
絵本
未分類
以前の記事
2013年 05月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
歩み,実り。
b0120001_1144318.jpg
数字とかは,あんまり関係なくて。
一番とか,ぞろ目とか。
私たちには,人間が作った記号は,それほど意味をなさなくて。

だから,お日さまと,お月様が,半分ずつの日。夜と,昼が,半分ずつの日。

嬉しいことも,哀しいことも
困ったことも,幸せなことも。

おいしい物も,ちょっとそうでないものも。

全部を「はんぶんこ」にできる夫婦でありたいと,
私たちは,春分の日,3月21日に入籍しました。


入籍して,一ヶ月
お互いの家族や親戚,友人たちにたくさん支えられたこと。
これが,私たちの一ヶ月の歩みです。

毎食の食卓に並ぶ素材には,いつも,誰からいただいた野菜やおかず。

このおでんは,お母さん
このグリンピースは,お父さん
このねぎは,お隣さん
そしてこのごはんは,友人から頂いたお鍋で炊いたもの。

食卓に見える,優しい人たちの顔を思い浮かべて
いつもよりずっと感謝の気持ちをこめて,合掌をするふたり。


結婚って
恋愛と違ういろんなことが在ることを
たくさん学んだけれど


一ヶ月の私たちの歩みに見えたのは
「支えられる優しさ」です。



優しさが,幾重にも,私たちを包んでくれるので
幸せに,今日も歩んでいます。




そうそう。

春分の日を調べていたら,
その日には,「自然をたたえ、生物をいつくしむ」という意味があるのだそう。

私たちが歩む未来が,自然の色に包まれそうな予感で
とても嬉しい。


それに,
その日は,毎年,お休みなんですよね。
[PR]
# by clover-f | 2010-04-29 11:16 | あること
おばあちゃんみたいに。
b0120001_22394616.jpg
忙しくて,忙しくて。
目眩がしそうだけど。

とても楽しく過ごしています。


久しぶりにもらった休みで,近所へ散歩。


家から見えるレンゲ畑で,数ヶ月ぶりに写真を撮りました。


ブログも放ったらかして,
でも,またそろそろ,いくつか書いてみようと思います。

でもそれを,パソコンで打つか,紙に書くか,今,思案中なのです。


書きたいことは,おしくらまんじゅうのように,あるのです。


忙しくても
思うことは,今,在ることが,ありがたいなぁと,思うこと。


おばあちゃんみたいに,毎日。ありがたや。ありがたや。

と,呟いています。



そういえば,家から見える,景色が,変わりました。

結婚して,引っ越しました。
[PR]
# by clover-f | 2010-04-11 22:43
温かな膜に包まれたような
b0120001_0185287.jpg
「気をつけてね」という言葉は,その人を守る言葉なんだそうです。
「お帰りなさい」とい言葉は,その人を癒す言葉なんだそうです。

私は言霊の力をとても信じていて
「気をつけてね」と,ゆっくり大切に言われた2時間くらい
何か,温かな膜に包まれたような安心した気持ちになりました。

言葉を使う仕事をしていて
いつも注意深く思うけれど,こうやって自分の体に言葉が纏われると
不思議な力を感じます。


さて。
明日からまた一週間。

今週は,働く週間にします。
集中して,終わらせる。 


大丈夫です。
きっと,うまくいきます。
[PR]
# by clover-f | 2010-03-08 00:24
おへその下のところにあるような。
b0120001_23394061.jpg何も考えずに,ただぼーっと出来るのは,あと少しなんだとか。
だから,今夜は,ぼーっとしているのです。

エンヤの音も,そろそろ,羽が生えて,遠い北の国へ帰っていくような

庭のヒヤシンス
去年から,植えっぱなしだったのに,今年も美しく咲いています。
ぜんぜん,世話ができてなかったのに。

球根は,エネルギーのかたまり。
赤ちゃんに,なる前のかたちがあるとしたら,球根だと想う。

触っているだけでも,生命力がもりもりと湧いてくる。


これから何が待っているのだろうと
少し不安になりながら

かきたいなぁと,読みたいなぁと,
じんわりと,土から水が染み出るように,思っています。



あまんきみこさんの
空の絵本を 注文しました。


そして,童話をいくつか読みました。


球根の,エネルギーのような塊が
おへその下のところにあるような気がします。
[PR]
# by clover-f | 2010-03-05 23:39
休憩中だったんだ。

湧水町の友人から,葉書が届いていました。
いつものように,アクリルガッシュで不思議で,繊細な絵が描かれています。

絵を描いて想っていたことは,その絵は,たったひとつで,たくさんの人に見せることができるのではなく,たったひとりのために描いているということ。

たとえばこの葉書だってそう。

私しか見ない。かもしれないことを承知で描いている。
時間をかけて・・・


だから,手書きの手紙とか
手書きの絵とか。とても愛しいのだと思う。

その人の時間がこめられているから。
だから,愛情を感じるんだと想う。


その葉書には,こんなふうに,描いてありました。


「この前は,体調をくずしてしまっていてごめんね。休憩中だったんだ。
 いま,クレソンが旬を迎えたよ。食べにおいで」



透明な水と,済んだ空気が私の部屋に満ちました。

b0120001_2154990.jpg
[PR]
# by clover-f | 2010-03-03 21:04
長靴をはいて
長靴をはいて、青い空の下、散歩にでかけました。

長靴をはいた理由は、ザクザクと山に入って山菜をとるため。

朝9時を回っていたから、トラクターを軽やかに動かす農家の人とか
犬を二匹も連れて、河川の土手をあるくおばちゃん。
頭はタオルでほっかむりしたスタイルで。
もんぺのようなすぼんが可愛らしくて絵になっていました。


山に入るつもりが、気持ちがよかったらから、田んぼの畦道を歩きました。


日向の土手に、つくしの群生を発見。

よもぎの青くて柔らかそうな新芽もあった。

湧水町の友だちに教えてもらったよもぎ茶を、今年もたくさん作ろう。


美味しい美味しいって言いながら、ごくごく飲もう。


帰り際、すみれのたくさん咲いているのを見つけて、二株もらってきました。
庭に植える予定。


小さな頃住んでいた家の前で、きくらげを見つけた話をしていたら、
古い木の株に、きくらげをみつけて、大喜び。



山に入らない山菜採り。

田んぼの畦道で長靴をはいて見つけた今日の贈り物。


きくらげ
よもぎ
つくし
すみれ



楽しくて、そして、風に揺れる花のように、平和な朝
[PR]
# by clover-f | 2010-02-28 13:42
日々を重ねるたびに。
b0120001_2053352.jpg
そういえば,一昨年の夏に植えたトマトの下に敷いていたワラは,どこにいったのだろう。砂漠のようになめらかに,スポンジケーキのようにふっくらと耕された畑をみて想いました。


ああ。土に還ったんだ。

跡形もなく,細かい細胞に分かれて,いつのまにか見えなくなっていた。

人に出来ないその事を
ぼんやりと考えています。


今年はもう,先週の日曜日に,桜の花見をすることができたのです。


伊豆の踊子という桜が,7本も群生している場所を
偶然見かけてしまったのです。


空気のように咲いている姿をみて
花びらと一緒に,空を飛んでいるような気持ちになって,

ふんわりと


来年も,また,ここでお花見をしようと想いました。


空が大きく広がり,山が,くっきりとそばに立ち,水がこんこんと湧き出る場所


水を求めて,水を求めて
呼吸をするように,水を求めたけれど


水の出る場所は,たくさんあることに気がつきました。



水のそばで
花のそばで
空の下で


日々を重ねたいと,想うのでした。
[PR]
# by clover-f | 2010-02-26 21:48
そういえば,金柑もまだ煮ていないのがあった。
b0120001_2365423.jpg

いつかの雪。


今,高山なおみさんのDVDを繰り返し,繰り返し見ています。
今日は,大根としいたけと,豚骨を煮込みながら。

ぐにゃりと,体が弱っていても
何かを煮込むと,元気がでてくる。


そういえば,金柑もまだ煮ていないのがあった。

大根は,あと3本残っているし

軸がぶれないよう



梅の花の散る姿をみて
木蓮の開く音に耳を澄ます

春の嵐も
今夜は,おおきくうねっています。


春の鼓動が皮膚に響いてくる感じ。
春の脈が,体全体に,波打ちます。
[PR]
# by clover-f | 2010-02-25 23:11
30個目。
b0120001_1303059.jpg
梅の花も,満開に近づき,沈丁花の花のつぼみは,ぷっくりと膨らんでいます。

しばらく成長を止めていた畑も,ちょっとずつ伸びている気配。


あぁ。
ひさしぶりに,日記を書いています。


やることが山のようにあって
山にぐらぐらと揺さぶられて,いっそのこと,その山に潜り込んでしばらくじっとしていたい。そう思って,ネットをただふらりと訪れて,でも何も言わずに去って行く感じで,ペラペラとページを眺めたり。

でも,確実に季節は進んでいました。


ふきのとうを食べようかな
梅のお花見もしたいな。きゅっと結んだおにぎりをハンカチに包んで。

コントロールがとれなくなったとき
裸足になって,畑の土にずぶずぶと足をつっこんでみたくなります
ブレた私の軸が,地球の軸とぴったり合うように





1ヶ月前
新年がはじまって,今年やりたいことを29書きました。


たとえば,

1  朝ごはんと夜ごはんはゆっくり良く噛んで食べる
3  人から貰った物(気持ちとか,言葉とか)を書き留める
4  できるだけ自然のものを食べる
5  堆肥小屋をつくる
8  ネットは一日30分以内
13 字はていねいに書く
15 球根のことを計画する
20 頼まれごとは,心良くひきうける
22 ジャムのレシピ集を絵本風に書く
23 生スパゲティの会を催す
27 童話を3つ書く
28 マイナスな言葉は週に3回以内  
29 毎月誰かに手書きの手紙を送る など


29個を手帖にずらりと書いていて
30個めを何にしようかと思っていたのだけれど
さっき決めました。


30 出逢った人のことを記録する。


  誕生日とか,家族構成とかはもちろん
 好きな食べ物とか季節とか,趣味とか,ちょっとした記念日とか。

去年から新しい人との出逢いが続いているけれども
今年はそれがいっきに膨らむ気がする。

言葉も,物も
気持ちが形になったものだけれど

とても大切にしなければならないのは
誰かが,誰かを想うために使った「時間」だと,想うのです。


それをこれまで,いっぱいもらったから
今年から,それをたくさんの人に広めようと想う。

今,かなり疲れ果てているけれども
足も頭も動かなくて,たった30分のそうじもできてないけど,そう決めました。

新しい出逢いの手帖をつくろう。

そう,決めました。




+++





高山なおみさんが,東京武蔵野という大都会から
山へ,とうとう,引っ越すそうです。


山に囲まれた,ボロボロのおうちだそうです。

そう,決めたんだそうです。
[PR]
# by clover-f | 2010-02-07 13:00
深く,感謝です。
b0120001_21475524.jpg

自分の意思とはぜんぜん違うところで,すべての物事が進んでいるということを,深く実感しています。


体も,頭も,冷静にいたいと思いながら
すごい大きな波がやってきているので

やりたいこと
やらなければならないこと

ひとつひとつを,メモをとる毎日です。


おっきなページが,ゆっくりとめくられるような
それも,自分の意思とは,全然違うことろで。


楽しみで
嬉しくて
安心で
少し,不安

そういういろんな気持ち,
ぜんぶひっくるめて


深く実感。

深く,感謝です。
[PR]
# by clover-f | 2010-01-17 21:54 | あること