雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
おとぎ話の中にいるようで。
b0120001_22375054.jpg

背中から,首,頭まで,カチカチに凝り固まっています。
こういうときは,思考もゴリゴリと,固まってしまいます。

今夜はずっと煮ていました。

鶏のレバーのしょうゆ煮
鶏ガラ(今年は鶏ガラを煮る冬です)
キウイとりんごのジャム

午後8時から,3時間

湯気と一緒に,ぷくーっと何かが,逃げて行きます


何かを煮ているときの,湯気も,音も
窓ガラスがくもるのも

匂いが部屋中に漂うのも

私にとっては,おとぎ話の中にいるようで
心が,分解されます。

煮物ができあがっていくとき

また,ひとつひとつ,パーツをはめ込んで
正しい位置に戻っていくような気がします。



業務用の,レンジ。いいな。
[PR]
by clover-f | 2009-12-17 22:42
届いてきそうで。
b0120001_22235373.jpg
このさきどんな風になっているのかなぁなんて想いながら,先が見えないくらいもやもやしてる中,ひとりで歩いているような。でも,ほんの小さな小道の奥から,温かいランプの灯りが見えてきそうで,優しい香りのする,スープの匂いが,届いてきそうで。

真っ暗闇だけれど

そういえば,昨日は,流星群がきていたそうな。

地面を見ながら走り回って
一度でも,空を見たらよかったかなぁと

10時半頃。

この町でも,たくさんの星が流れたそうです。


近頃,どんどん,どんどん,物事が進んでいる気がします。間に合いそうにないくらい,次から次へと起こっていきます。キーワードも,重なっているみたい。

こういうときは,
直感を,信じます。
[PR]
by clover-f | 2009-12-15 22:28
アラジンのストーブ。
b0120001_22312045.jpg
ほしいなぁと,思っていたけれど,ネットやお店や骨董市でなんども見てみるけれど,なんとなく買わなかったアラジンのストーブが,我が家にやってきました。

ずいぶんと古いアンティークで,モデルも軍で使われていたものなんだとか...よく,分からないけれど。でも,これまで見てきた形とは,全然ちがう,タイプです。やっぱりいいなぁ。火。


アラジンのブルーフレームが特徴らしいけれど,やっぱり私は,木が燃える,赤い炎の方が好き。
後ろに移っている,蜜蝋キャンドルの間接照明の方が好き。

でも。
さっそく,金柑ピールのお鍋が,アラジンの上に乗っかっています。
今年初めての金柑。

生きている物が,たとえばひとり暮らしでも,たくさん,家の中にいます。
植物がほとんどだけれど,火を灯すと,その火の気配が,とても安心します。

このストーブの炎は,そうだなあ。
品の良い,お坊さんってかんじかな。
[PR]
by clover-f | 2009-12-13 22:36
幸せのにおい。
b0120001_22435331.jpg
ちらりと,畑をみては,胸が痛いけれど。この家に10年くらい居ようと思っていた私には,なんとなく,「ここに根付いちゃいけないよ」と,言われたようで。

なるほどなぁって,想いながら,でもやっぱり,畑をみては,心が痛む,そんな日。


さておき
注文していた本が届きました。


石井好子さん
 「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」
 「東京の空の下オムレツのにおいは流れる」

白石奈緒美さん
 「メルヘン館のお料理絵本」

吉田篤弘さん
 「フィンガーボールの話のつづき」

 「フリペの楽しみ」


そして夜は

鳥のガラをずっと煮ていました。
体がぎゅっとなる
おいしいスープ!

薪ストーブ,やっぱりほしいなー。


写真は
去年作った,金柑ピール

今年も,作る予定です。
[PR]
by clover-f | 2009-12-12 22:54
哀しい出来事。
b0120001_223655.jpg
ある朝。

カーテンを開けると,底は大海原の海底のように,美しい波紋をみせる畑がありました。

夏の間にはびこった雑草たちは,終焉の時をむかえ,静かに横たえておりました。茶色く,肥料になる日をじっと待っておりました。

その雑草たちも,干からびた元野菜たちも,影がなく,波紋の中にまじれているようでした。


大屋さんが。
大屋さんが。。。


よかれと思って,いそがしい私に代わって
ミニ耕耘機で美しく土をひっくり返してくださったのです。


友人から貰ったミントも
母からおすそ分けして貰ったアップルミントも
ふさふさに伸びて日光を浴びていた2年物のアスパラも
唯一,一株残っていた,レースラベンダーも
野生化して,とてもとてもおいしくいただけていたルッコラも

すべてが土の中に刻まれて,いなくなっていました。



窓を開けた私は,そのままへたへたと座り込み
霜が降りているくらいの寒さの中,窓を開け放ち
身動きがとれなくなりました。


まだ
他にもたくさんの命が息づいていました。


雑草と,じゃまな物だと思われて
いなくならなければならなかったものを見るのは

もう
いや。





吐きそうなのです。




私の植物を
かえして....
[PR]
by clover-f | 2009-12-10 22:43
こまこまと煮込む。
b0120001_2116443.jpg
5キロ減ったと書いてから,また1キロ減りました。
どうしたんだろう。私の体。

でも,調子はすごくよくて
朝から晩まで,ぶんぶん走っても,大丈夫。

今日は階段を2段飛びしました。
どれだけ元気なのでしょう。
中学生以来かも知れない!

でも。

夜はやっぱり,トーンを落とします。
このタイミングが,いい心地なのです。


春から秋にかけて採った来年への野菜の種たち。

小さなジッパーつきの袋にいれて
小さなラベルを貼って。


なんだか,種屋さんになったみたいに。

こんなこまこましていることが
とても楽しい。


最近煮たジャム。

ゆず
キウイ

今日はりんごをたくさん貰って
実家には,きんかんがたくさん在るらしい。


りんごジャムと
金柑ピール


ゆっくり煮込める季節です

あぁこれで
薪ストーブがあったら,いうことないのになー。
[PR]
by clover-f | 2009-12-09 21:21
瓶詰めの好きな魔法使い。
b0120001_21333100.jpg

嬉しい,嬉しい出来事。

かえる食堂の12月生まれのジャムをいただきました。
ずっと,食べてみたいなぁって,想いながら
でも,なかなか私のもとまではたどり着いてくれなくて...

職場の友人が,
お昼休みに,とことこと,私の所にやってきて。

泣きそうなくらい,嬉しかった!

12月は,夏みかんとりんごのジャム。

もう,もったいなくて,開けられません。

いつ食べようかなぁと
クリームチーズと相談中。



+++

そんなジャムをもらう私も

冬になって,またジャムを煮ています。
今日は,キュウイフルーツのジャム。


色とりどりの瓶が並んでゆきます。


瓶詰めの好きな魔法使いまで
あとどれくらいかなー?


絵は
先日訪れた,料理家さんのアトリエ。

ここで,おいしい,おいしいお菓子が生まれるのだ
[PR]
by clover-f | 2009-12-07 21:02 | 絵本
冬眠とか,掃除とか。
b0120001_9195445.jpg
気温11℃

久しぶりに,玄関の扉まで吹き上げることができるくらいの,掃除をしました。
きゅっと引き締まった空気と,ぞうきんを絞る冷たさが,手のひらを目覚めさせるようです。1ヶ月ほど玄関の扉を拭くことができていなかったので,以外と,ほこりも雨の跡も,残っていました。

美しい扉から,美しいものが入ってくる。

誰かに言われたのか,
どこかで読んだのか

もう忘れてしまったけれど,窓や扉を磨くのが好きです。


そういえば,そろそろ大掃除ですね。

台所の整理も,ちょこちょことやっていこうと思います。

+++

曇り空の下,ピアノの音が響いています。
冬の曇り空は,スコットランドの風景を思い出します。
人も,動物も,静かに動く季節。

そうそう。
ヤマネって,かわいいですね。

ころころに太って,暖かい木の枝の隙間に,ふかふかの布団をこしらえて,冬眠する頃でしょう。


人間も,冬眠すればいいのになー。
[PR]
by clover-f | 2009-12-06 09:25
とても冬。
b0120001_2239589.jpg
冬が,ちゃんと進んでいます。
とても冬。

そういう日がここのところ,まだないけれど

今年の冬の計画もちゃんと進んでいます。


長野県に,自給自足の旅
奈良県に,寄り道
そして鹿児島で,ムーミン展

久しぶりに,「渡り鳥」との再会。そして,共に南下。

あっというまに,また春がきそうな気配がしていますが

今週も,本当によく働きました。
働きありのように,くるくると動いたおかげです。


1ヶ月で,5キロ。やせました。
ちょっと病的です。



でも。
楽しいからいいです。


今日も,深く深く,眠ろうと思います。



おやすみなさい。
[PR]
by clover-f | 2009-12-04 22:43
「えんぴつ」と「サッカーゴール」
b0120001_22231021.jpg
クリスマスプレゼントは何がほしい?

って,
質問をしたら


ひとりは,「えんぴつ」
もうひとりは,「サッカーゴール」


と,答えてくれました。


微笑みが溢れて

守らなければならないものが
まだまだたくさんあるなぁと,思うのでした。
[PR]
by clover-f | 2009-12-03 22:25