雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ぼちゃんと湖におちる。
b0120001_1116319.jpg
お久しぶりです。

7月の始めくらいから,変な頭痛と耳鳴りが続いていたので,働き過ぎよね。なんて想いながらうだうだと過ごしていたら,ここ10日くらいですっかり良くなりました。耳鳴りは,きっと自分の声が大きいせい。頭痛は,痛い場所とか,痛みの種類とかいろいろ調べてみたら,たぶん,「食いしばり」だと判明しました。たぶん。そして,ここ10日ほどですっかり良くなったと言うことは,やっぱり。うん。

そしてとてもよく寝ています。
ずどん,と後ろから誰かに深い湖に突き落とされたみたいで,一瞬ふらりとして,ぼちゃんと湖に落ち,底へするすると沈んでゆきます。文字に書くとちょっと恐いけど,眠ることを他力本願にしてるみたいで,とても気持ちがいいです。最高です。


8月は,旅がとっても多いです。嬉しい。
以前,中止になった「自給自足の旅」を我慢したご褒美でしょうか。いつか訪れたいと思っていた森へ旅します。たくさんの絵本の美術館にも。いつ行くとか,どこに行くとかは,また行ってから報告します。


今は,わくわくしながら,「旅のしおり」をつくっているところです。
[PR]
by clover-f | 2009-07-31 11:29
出張トーナメント。
b0120001_23315037.jpg
たっぷり2種類の出張から帰宅。
そして明日もまた出張です。

いつもと違う仕事場からの日食
5年ぶりに再開した,友人

高い位置にうっすらと流れる雲と
もくもくそびえる入道雲
[PR]
by clover-f | 2009-07-23 23:36
空っぽ人間の手のひらの中。
b0120001_21103619.jpg
畑が大変なことになっています。

ぶりっぶりの米なすとか
ミニトマトも鈴なり。

ルッコラもバジル順調で
モロヘイヤは夏の元気の源。

花オクラは毎日大きな花びらをひらひらさせて,朝日を浴びています。
5時半くらいに収穫するので,まだ花びらが完全に開かない開く前のふんわりとした状態を摘むと,命のエネルギーに大きく包まれているみたい。頂くと,おへその中心に,ずん。と元気なかたまりが生まれます。


自然ってすごいな。

最近,いろんな人に自分の元気を分けていたので
どうやら私はスカスカ人間になってしまっているみたい。

昔の私ならスカスカの状態でも,動こうとしていたんだけれど
今は,大きな顔してごろごろしています。充電充電。

植えっぱなしで,お世話なんて,何にもしていないのに,
こんな立派なおなすができているなんて。

土も,雨も,お日さまも
エネルギーのかたまりだなぁ。

みんなに分けても分けてもぜんぜんなくならない
土とか,雨とか,お日さまになりたい。

土になる前の枯れた葉っぱさえも,尊敬のまなざしで見つめてしまいます。


やっぱりすごいなって,思う。
[PR]
by clover-f | 2009-07-20 21:17
隠れ家みたいな図書館。
b0120001_2242260.jpg
昨日は,絶対に何もしないと決めた日。
ぐでんぐでんと,普段見ないテレビのお守り。何見たのかも,覚えてないけれど。

クーラーの効いた部屋で,ちょっと「さむっっ」て想いながら,じゅうたんの上でころころ三毛猫みたいに一日していた。いつもなら,夕方の4時頃,夕暮れを感じて寂しいような,お昼が終わるのがもったいないような気持ちになって,焦ってしまうのだけれど,昨日は,満足だった。「どうだ!だらだらしてやったぞ。」というような。

そして夕方図書館に行って,本を7冊借りてきた。
ちょっと久しぶりに,本の虫が騒いでいます。

今日は一日の仕事を炎天下の中過ごして,外で鼻血出して,帰宅の途へ。
帰り道,別の図書館に行ってきた。同じ市にある図書館だから,共通のカードで借りられるのがポイント。でも,合計8冊までしか借りられないのが味噌。だから,1冊借りてきた。

ここから3分でつく図書館は,普通の図書館
ここから15分でつく図書館は,私の隠れ家。今日行ってきたところ。

人も全然いないのに,なぜかどっさりと私好みの本が置いてあるのだ。

宝の山の図書館。
図書館って,すごいなーって思う。

本棚が,いつもピカピカ光っているように見える
それぞれの本が,みんな違う色で。赤とか,ピンクとか,紫とか,緑とか。
発光してるのだ。

そして,おいでおいでって,背表紙から,手がひらひらしている。
ゴツゴツした手とか,赤ちゃんみたいな手とか,すらりと青白い手とか。

それが見えるのは,なぜか隠れ家みたいな図書館だけ。
ワクワクしてしまう。

きっとあそこには何か居ると思う。
[PR]
by clover-f | 2009-07-19 22:11
文字も,空を飛ぶ。
b0120001_22374762.jpg5月にオーストラリアに旅立ったCちゃんからメールが届いた。

秋の深まりつつある真っ青の空の下。新しく名付けられた名前。Cちゃんは,オーストラリアで,新しい名前ができたんだそう。生まれ変わったのだ。

30年近く生ききて,新しい名前がつけられるって,いいなぁと思った。もう少し先の話だけれど,私もちょっとだけ生まれ変わる日が来るらしい。今は,着々と,準備期間。もうちょっと先だけど。

今の私の職場には,生まれ変わろうとうずうずしている女の子がひとりいて,今日も6時半頃,30分くらい話をした。TOEIC800点の彼女は,900点を9月に目指しているのだとか。海外進出をする予定なのだろうか。TOEIC900点は,私にとって未知の世界。彼女の頭の中で,英語はどんな風景を作っているのかちょっとだけ木になる。そんな彼女の背中には,金色に輝いた光と,赤く縁取られた光がたくさんあった。私はというと,青紫だったり,緑色の中にいる。本当は見えないけれど。

それはそうと,Cちゃんの住所をやっと知ることが出来た。
デジタル嫌いの私は,今週末,紙と筆をさらさらと走らせる予定。
私の変わりに,空へ飛んで行こう。

熱帯の季節に囲まれた私の文字が,数日で秋風に吹かれるのだ。
ミラクル。
[PR]
by clover-f | 2009-07-16 22:25
健やかな,夏の声。
b0120001_21142649.jpg


梅雨が明けたという知らせが届きました。

まっすぐに降りてくる陽の光を,柔らかな木の葉が美しい木陰を作ります。
風に揺れる音は,心もすっと透き通る音。

早朝から,夕方まで,
勢いのある草たちと格闘していたから,今,体の心地よい疲労が広がっています。
雑草を抜いた後の畑は清々しくて,体の中の雑草も,すっきりと抜けた感じ。

カサコソと,落ち葉だまりをふと見ると
何年も,眠っていた蝉の幼虫が,いざ蝉になろうと,脱皮の場所を探していました。
初めて見る,蝉の幼虫。

蝉は,夜その殻を脱ぐと,どこかで読んだことがあります。

背中を割って,羽を伸ばし始めた頃でしょうか。
明日は,健やかな蝉の鳴き声とともに,一日が始まるのでしょう。
[PR]
by clover-f | 2009-07-12 21:21
おでこ絵の具。
b0120001_21464171.jpg
仕事仕事で2週連続行けずじまいで
やっとの油絵教室。

デッサンも,下書きも
何もかも飛ばしていきなり色塗りから。
正味一時間半でしたけれど,楽しい。
とっても楽しい。

生まれて初めての,油絵。

描いているとき,おでこの真ん中から,絵の具がぬるりと出てくる感覚がありました。
変な感じだったけど,もっとぬるぬる出したい感じ。
[PR]
by clover-f | 2009-07-08 21:44
柔らかな清流の調べ。
b0120001_19544245.jpg
平日もくるくる。休日はぐるぐると、
目をまわしながらあちらこちらに
行ったり来たりのここ数日です。


同じ区間の高速道路を、何往復してるのでしょう。


それも。
なぜか誰かに導かれているような気もします。

たくさんの「初めまして」は、去年から止まる勢いを知らず
昨日も一気に10人ちかく。

朝もやの中、胸一杯に空気をすいこんで、野山と呼吸を共にしたり
熟し始めたブルーベリーをひとつひとつ手で摘んだり。

ぼーっとポニーにまたがって川べりを散歩と
犬ころと、草むらを跳ねまわる。

オオバコやアキノノゲシはピリッと刺激があって
まるまる太った牝牛からいただくミルクの滑らかさ!

すべての祝福が
柔らかな清流のよう。


誰からに導かれているのかしら。ほんとうに。
次々つながる出来事を思っています。


そんな風に人間があれこれ思い描くなか
猫のミーコは、今日も縁側で朝を迎えています。
[PR]
by clover-f | 2009-07-04 20:03