雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
根っこが歩く夜。
b0120001_199289.jpg
むわりとした草の匂いがする。
6月の雨らしい雨が,夕方から降ってきている。畑の植物は,「やれやれやっと降りおった。」というような顔で,雨を受けながら,お茶をすする。(なんだか変な表現だけどホントにお茶をすすっているみたいだった)

私は,家のサッシから,大きい足をぶらりと投げ出し,雨音を聴きながら久しぶりに本を読んでいた。灯りもつけずに。雨雲からの太陽の光は文字を追うには,ちょうど良い。読んでいたのは,高山なおみさんの「諸国空想料理店」

ぬるい風が足を滑る。ページをめくる手を止めて,森を見ると,木の幹が古く重たい木のドアを開けたときのような音をたてて揺れた。そして隣の木とぶつかる。なんだか幹の繊維が筋肉みたいで,生きてるように見える。根っこごと,ずぶりと持ち上がって,今にも歩き出しそう。

そして,瞬きをした瞬間,パチンと,電気を消したように辺りが暗くなった。ホントに一瞬に。「今日はもう店じまいだ。」というように。いつも夜はこんなに突然訪れる?木が,もう別人の顔をしていた。

夜の森は,恐い。
私は,夜を感じる時間から朝まで,森の方の庭にはほとんど出ない。恐いから。食材調達で畑に出ても,駆け足で家に戻ってくる。なんとなく出てはいけないような気がするのだ。

同じ暗さでも,明け方の畑の息づかいは綺麗。




2ヶ月間,土日もほとんどなく全速力だった私の体は,ウソはつかないらしい。
「休めー。休めー。」とのたうち回って言っている。

だから,休む。
今日は,ひたすら寝ていた。
湖の底に沈んで行くように,布団にずっしりと体重を横たえる。
だらんと,手足は重力のまま。



こんな時,不思議だけど言葉が洪水のように溢れてくる。
たぶん,ほとんどがどうしようもない言葉ばかりだけれど,
その溢れた言葉に,実は今,おぼれそうになっている。
[PR]
by clover-f | 2009-06-22 19:27
透明な空の下。
b0120001_2122394.jpg
どれほど空が青いのでしょう。

キツツキはせわしなくドラミングを繰り返し
カッコウは優雅にその声を響かせる

葉の葉脈さえも,心弾む青空。


-------



夕方、NKHのアニメをみていた。
川に暮らすネズミの親子、人間によって住む所を奪われて
新しい川を探して冒険する話。

ますます人間が嫌いになってゆく
アニメに腹を立てる、チルドレンな私。


おしまいの話、涙がほろりとこぼれたときに
流れてきたエンディングのメロディー。


15年以上前に聴き続けていた声。
彼女の声を間違えるわけないくらい聞いていた音。

遊佐未森さんの声。


久しぶりにyoutubeで繰り返し聴いている。
彼女の声と、歌詞と、想いに共感していた中学生の私を、誇りに思う。


彼女の声も、どこまでも、これからも、透明な空のよう。
[PR]
by clover-f | 2009-06-20 21:29
6月のアザミ。
b0120001_22215529.jpg


忙しさと疲労は,決して比例するわけではないのだけれど
後から後から追いかけてくる小爆弾たちに翻弄されまいと,必死で藁にしがみついて
藁ごと流れゆくままである。

ジタバタとすることにも慣れてしまって,どこ吹く風は,気の向くままに。

ただ,群れることにいつまで経っても慣れないから
群れる動物ではやっぱりないのだなぁと,あらためて感じる日々。

それでも,ときおり見つける一匹狼のはぐれ者たち。

まるく輪になっても,一匹狼の気配は誰も消えない。
それがとても愉快な夜。

星がきらきらと風に揺れてて,遠くの山並みが,くっきりと黒く浮かび上がる
遠い森の奥では,夜鷹が奇妙な鳴き声を上げ,フクロウは,ぐるりと首をまわす。


気がつくと,回りにはオオカミたちの群れ。


すべてが願いを叶えるために
ただひたすらと,絵を描くのだ。



けれども,6月のアザミだけは
ただひっそり,密かな寝息を立てている。
[PR]
by clover-f | 2009-06-19 22:22
新しい道。
b0120001_2282929.jpg


More
[PR]
by clover-f | 2009-06-17 22:09
いにしえの記憶。
b0120001_22103545.jpg

みつろうキャンドルには,とても不思議な力があるように思います。

遠い森で暮らすみつばちたちの想い
深い森の中は,濃い緑の香り

森のしずくが,大地に還る音
風が葉を,優しく触れる音

ひとつひとつの想いが,小さなみつろうの灯に揺れる夜

時を飛びたち
古い人々とのつながり

灯は,人と寄り添って生きてきました。

みつろうキャンドルに灯を灯すとき,
遠い記憶の扉が,静かにひらいてゆくのです。
[PR]
by clover-f | 2009-06-13 22:19
6月の魔法。
b0120001_21165261.jpg
5年に一度の大仕事が今日終わりました。
ふぅ。という心持ち。

以外と小心者なので,喧噪から脱出した静かな家では,あれこれと考えてしまいますが,やれ。こうだ。それ。ああだ。

なんて言っても,木々は悠々と風に揺れています。

ざざーっと風の波に打たれた木の葉の音は
良いも悪いも,やれもそれも,ないのだと...


久しぶりに本を読みました。


吉本ばななの古い本。
「哀しい予感」



ほこりの積もった台所
シンクに放り出された食器類

鬱蒼とした森のようなリビング


ときおり,思い出したように
蛇口から,しずくが落ちる音



哀しくて
哀しくて

心の根っこを,ぎゅっと掴まれました。

思わず,ずっと封印している扉を開けそうになりました。
開けたら,あの喧噪には戻れないだろうなと

ぎゅっと唇に力を入れました。


そしたら,涙がほんの少しにじみました。


あぁそうか。



今月は,6月だった。
[PR]
by clover-f | 2009-06-08 21:19