雨音を聴くときのように...
by clover-f
フォロー中のブログ
珈琲日和
万華鏡
しろつめ文庫
ハーブガーデンしろつめ。
木蔭のアムゼル
カテゴリ
全体
あること
よむこと
きくこと
みること
であうこと
いただくこと
ならうこと
雨音
小冊子「雨音」
蜜ろう作家
ものがたり。
旅すること。
手仕事。
絵本
未分類
以前の記事
2013年 05月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
花の呼ぶ声。
b0120001_14444996.jpg

季節が一年,巡ったことを,この花が教えてくれました。うす桃色の,ローマンヒヤシンス。

普通のヒヤシンスとは違い,古来昔から在る品種のひとつなんだそう。


昨年はじめてこの庭に訪れた時。
しばらく主を失っていたのでしょう。手入れもほとんどされず,草もまばらに伸びていて,大地の息が,かすかに聞こえるくらいの庭でした。

前の主が使っていたらしい鉢が,あちこちに転がっていて,コンクリートブロックや,雑草だらけの鉢。固くなった土。だんご虫の死骸。雨水がたまって緑色に染まった受け皿。そんなものたちのそばで,ひっそりと,申し訳ないような姿で,けれども命を懸けて,咲いていた花が,実は,この花だったのです。

私がこの家を決めて,契約をした理由はたくさんあるけれど,なんとなく,この花が待っていてくれたような,気持ちもしたことも,理由のひとつかも知れません。


数日後の引越の日。


玄関のポーチに置いていたこの花は
私の到着を喜んでくれたのでしょうか。
美しく,優しい色の花びらを,初めて出逢ったときよりも力強く,咲かせていました。

たくさんの荷物を背負った車の窓からその姿をみて,
やっぱりこの家にきて良かったと,思えた気持ちを,思い出しました。



昨年の秋。
いくつもの球根を植えるとき,もちろんこの花も植え直すことに。
固いい土にもかかわらず,分球していました。
植物の生命力に,触れた瞬間の感動でした。


そして,春。


去年よりも,豊かに,そして,しなやかに。
私を待っていてくれた,あのときの花が再び咲きました。

吸い込むたびにめまいがするくらい,深い香りと,優しい色


その隣の鉢では
彼女から生まれた新しい命が3つ咲いています。


彼女と同じ香りと,色の姿で
可愛らしく,ほほ笑んでいます。



 
[PR]
by clover-f | 2009-02-28 15:28
彩りの世界。
b0120001_21495828.jpg

初めの夜は,テレビにDVDをつけて,音もごりごり出して,食い入るように見つめていた小さな瞳は,心をこめて作った料理と,蜜蝋の灯に心をときめかせ,幸福なまなざしでその日を終えました。

そして次の日。

雨にも負けず畑で冒険,そして,ふらり見つけた画用紙と,水に溶ける色鉛筆で,彩りの世界へ旅立ちました。小さな背中は,画用紙に向かって一生懸命描いています。


お母さんは言いいました。

「テレビをつけなくても,ボウケンジャーを見せなくても。
      こんなにおとなしく,何かに夢中になれるなんて。」



私の家を訪れた次の日。
テレビの音は,もうずいぶんと長い時間,聞こえていませんでした。



いつもの生活で,電波にとげとげになった体から
小さな手と,色とりどりの色鉛筆を通して
そのとげとげが画用紙に,するすると溶けてゆくのが見えました。



私は子どもを育てたことは,ないけれど
子どもがすこやかに暮らせる事を,伝えることには自信があるなぁって思うのです。


たとえば
森で一日中遊ぶとか。
布団の国で,たわむれるとか。
おいしいごはんを,時間をかけて作るとか。


手を動かして
足を動かして
口を動かして

5感でたくさんの事を感じて


そして最後に,心が動くのですね。

テレビの彩りよりも
色鉛筆の彩り。



小さな背中は,幸福の笑顔に満ちていました。



私は,その笑顔に
ありがとうと,心から伝えたのでした。








 
[PR]
by clover-f | 2009-02-26 20:22
空が春を祝福した日。
b0120001_21275788.jpg
するりと,あたたかな風が,家の中をすりぬけていきました。
薄いレースのカーテンは,ひらひらと優しいダンスをしています。

森の中からは,チチチ。ピピピ。
たくさんの鳥たちのおしゃべりが聞こえます。春の準備に忙しそう。



その日は,こんな日でした。




空が春を祝福した日。





私は,布団を干しました。
洗濯機は,4回,回しました。

どれだけ動いても,
どれだけ寝そべっても


春は,見えないお布団のように,私を包むのです。
そして,透明な羽を私にくれるのです。



優しい気持ちと
強い気持ち。

お日さまのちからと,風のちから。

羽は,すべてのちからを持っているようです。




4回まわした洗濯物。
布団も,シーツも,タオルもクッションも。

もう干すところがないよ。

そう思ったとき,家のそばにいる枇杷の木が,言いました。




「大きなシーツをぼくに任せて!」






木と,風と,お日さま。



ありがとう。




 
[PR]
by clover-f | 2009-02-23 21:40
大地のちから。
b0120001_20385168.jpg
今週末,友人と子どもが3人
私の家に泊まりに来ることになっています。

決まって私の心をわくわくさせるのは,
もちろん,献立作り。

まだ3歳前後の子どもが2人に,
中学生の女の子。

夕ご飯は,やっぱり子どもの好きな物を作ってあげたいなぁと,
あれこれ考えています。

台所仕事とか,おふろとか。
手を動かしたり,じっとしたりしても献立を考えてしまうので,だんだんと想像のテーブルには,お料理がひとつひとつ,増えてゆくのがおもしろい。

そして,中学生の女の子
「一緒にパンを作りたい!」なんて言ってくれてるらしい。
もう,大歓迎。
子どもに料理を教えるほど,嬉しいことは,ないのです。


体に優しい食べ物を,子どもが手作りできること。
きっと未来は明るいなぁ。
そんなことを,考える水曜日の夜。


私が幼い頃教わった,食べることの楽しさと,豊かさ。
そして大地のちから。

記憶の中に,そのとき味わった香りも
食感の音さえも,よく覚えているのです。



ふるふると膨らむパンをこねる心地よさと
焼きたてのふっくらとした香ばしい匂いが
彼女の記憶に残るといいな。




さて。
それでは,これから
お茶に出すお菓子でも,作るとしましょう。



 
[PR]
by clover-f | 2009-02-21 12:21
咲こう。咲こう。咲こう。
b0120001_22544.jpg

もう,ずいぶんと前。友人にもらったえらぶゆり。忙しさを理由にしてしまって,「咲いたよ!」の報告もなにもせずに,一年が経ってしまいました。

でも。
ちゃんと分球したのです。1株だった球根は,今年は4つの芽を出してくれました。2つは咲かせて,2つは球根を育てることを優先してみたいと思います。球根を太らせることに挑戦です。



 
[PR]
by clover-f | 2009-02-18 17:12
ふくよかな幸せ。
b0120001_21535119.jpg
昨夜は,友人が一人泊まったので,今朝はゆっくりと庭を散策する時間がなかったのだけれど,このところの温かさのためでしょう。去年の秋からじっくりと寒さに当てていた球根たちが,一斉に花を出し始めています。

インターネットで,球根屋さんからめずらしい球根も仕入れていました。色も,かたちも。どんな姿を見せてくれるのか,とっても楽しみ。

そして,その球根のひとつが,先日伺った友人のお土産になりました。いつだったでしょう。3号,4号の小さな鉢に2,30鉢育てていた球根のひとつです。ふくよかな球根がゆっくりと咲き,たくさんの子どもを増やしていくように,花からの穏やかな気持ちと,幸せの種が,たくさん増えたらいいなぁと思うのが,私の願い。

あとほんの少しで花びらを見せるくらい育った球根を嬉しそうに
小さな子どもを見つめるように受け取ってくれる友人の存在も。
私にとっては,しあわせなことです。

その幸せの笑顔は,何よりも嬉しいのです。



今日は久しぶりに冬の風が吹き抜けましたね。
三寒四温です。


 
[PR]
by clover-f | 2009-02-17 21:32
ハリハリと食べる。
b0120001_2253235.jpg
今日は,生まれて初めての人間ドッグに入っていました。
すべて順調で,「問題なし」との言葉に,なんだか,新しい気持ち。
ハリハリとした感じ。

ただ...


「ゆっくりでいいから,やせましょうね。」

という言葉に,これまで以上に野菜を意識して採ろうと,決心。


近くの物産館で,ぶりっぶりのブロッコリー80円を見つけたので,2つ購入。
帰宅して,ブロッコリーを蒸しているところに,電話が鳴りました。

職場の2人が,仕事の打ち合わせに来たのです。

と,いう口実で。


ごはんをもりもり食べました。
突然の訪問だったけど,ちょうどよい献立を作ることもできて,なんだか嬉しい。

今日の献立。


地元の新米をふっくらと土鍋で炊いて
取れたてのしいたけと,わかめの味噌汁。
新ゴボウのきんぴらと,大根の葉っぱの炒め物。炒り豆腐。
ししゃも。ブロッコリー。
そして,友人に貰った有精卵の卵かけご飯!


最高の食卓でした。









+++

写真は,畑で取れた菜の花。
これまで食べたなかで,みずみずしくて一番おいしかった!
[PR]
by clover-f | 2009-02-16 22:53
いつか,手を結ぶ日に。
b0120001_20421110.jpg


静かな丘のうえは,まだほんの少し冷たい風がふきます。
この場所は,小さな畑があって,大きな牧草地がある場所。

いつか,こんな家を建てられたらなぁと,思う場所。

昨夜はひさしぶり,ちょっとしたお酒屋さんで,飲みました。
隣に座った方と,畑のことで盛り上がり,意気投合。

建築関係の方だったので,森の中の電気の引き方,下水道の費用などなどの質問攻めも。
森の中に家を建てることは,そんなに難しいことではないらしい。税金のこととか。知らないこと,たくさん教えて貰ったのでした。


「廃材ください! 家具作りたいの!」

って言ったら,「若いのにねぇ~」って目をくりくりさせていました。



夢の中に,現実をみて,
現実の中に,夢を見る。


夢と現実が,いつか手を結ぶ日に...
[PR]
by clover-f | 2009-02-15 20:42
春の夜を奏でましょう。
b0120001_21505728.jpg

深い海の底にねむる魚たちも,
いくえにも重なる落ち葉の下の,静かな土にひそむ虫も

ぐるりと底から持ち上げられるくらいの,突風。

でんぐりがえしで,目を回していることでしょう


春の嵐は,突然。


空の雲も,つないでは切れ,つないでは切れ,足早に去ってゆきます。


庭に転がる鉢の音
バケツは,時折,カンカンと音をたてます。

誰かが窓をぐわんとたたく音も聞こえて,私は心臓をどきりとさせるのです。



いつもなら,しんとしている夜10時
今夜は,すべてが目覚めた様子。


明日には,庭一面
今宵のお祭りのなごりをみることができるでしょう。



しいたけの菌を打ち終わったくぬぎの木は
それでも,どっしりとしているはず。

森へ並ぶ時を,待っている姿。







さて。
今週も,よく働きました。


いつもの時間に,心地よく眠りにつこうと思います。
今夜の音楽は,森と風の贈りもの。


ごうごうと,まるで荒れる海のように。
さらさらと,光る小川のせせらぎのように。
[PR]
by clover-f | 2009-02-13 21:50
春の風,森の手のひら。

外の木々が,ごうごうと風にゆられる音がします。
真冬の寒々しい音じゃなくて,湿り気をおびていて,温かい風。

春の嵐。


温泉に行った帰り,車のドアを開けると
体が持ち上がりそうな風に吹かれました。

突風という風じゃなくて,
ふわりと吹いて,体が持ってゆかれる感じ。


いつも,「お帰りなさい」を言ってくれる木が
長い手を,にょろにょろと伸ばし,こちらにやってきました。

私も,両手を広げました。
もう,あと5センチほどで,手がつなげた。



春の嵐に生まれた
緑色の,森のてのひら。
[PR]
by clover-f | 2009-02-12 22:25