雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:いただくこと( 10 )
農家のおじさんの顔も。
b0120001_2147499.jpg
ジャムのいそがしい季節!

仕事の終わりの時刻には,駐車場で,ハンドルをぎゅっと握り
家まで1時間。

今朝,通勤途中で買ってしまったいちご約3キロのへたをとって
いちごジャムの仕込みをしました。

写真は,以前作ったジャムの様子。

へたをとりながら,この子,あの子,いろんな表情のいちごの
暮らしていた場所を想像したりしています。

いちごを優しく摘み取る農家のおじさんの顔も。


そして今日は,大きなお鍋でいっぱいです。

いちごジャムだけで
90gの瓶に,今年は50本くらいできそうです。

同時進行で,梅も,プラムもジャムにします!
いそがしい。いそがしい。嬉しいいそがしい。


欲しいのは,糖度計と,ジャムを瓶に綺麗に詰める器具。


どの農家の,どの品種で,どんな気候だったかとか
生の時の甘さとか

細かく,ノートに記録しようと思います。



ちょっと,思うことがあるので。
[PR]
by clover-f | 2010-06-14 21:53 | いただくこと
粉!
b0120001_18341657.jpg
山小屋合宿のお礼にと,29歳のKくんが,ラーメンを作ってくれることになりました。「おれはラーメン得意っすよ!」嬉しそうに言うので,スープも作るのかと聞いてみたら,自信をもって「粉!」と答えてくれました..

それがめちゃめちゃ可愛くて,嬉しいので今から行ってきます。
人数は4人だけど,さっき職場で聞いたら,

「おれ,うまかっちゃん10袋買いました!食べ放題っすよ!」


と言っていました。
うまかっちゃん,食べ放題ですー。



(注)うまかっちゃんとは,九州で売られているインスタントラーメンの名前です。サッポロ一番みたいなやつ。学生の頃,トウキョーにはなかったけど,今は売っているのかな?



行ってきました。
「お腹すいたー」って足をばたばたさせて,まるで子どもみたいにラーメンができるのを,ちゃぶ台の前でテレビを見ながら待っていました。

「ほい」と手渡されたラーメンは,具がシャキシャキのキャベツと,きくらげ,そして,チャーシューにネギ。ちゃんとそれらしく盛りつけてあって,ずずず。とすすると最高でした。


人に作ってもらうのって,こんなにおいしいのね。


食べる前も,食べたあとも,
4人はおのおののことをしてて,占いの雑誌見たりとか
新聞見たりとか,茶碗洗ったり,一服してたり。

なんだか,家族みたいでした。



楽しかったので,今日は,ぐっすり眠れそうです。
おやすみなさい。
[PR]
by clover-f | 2009-08-03 18:39 | いただくこと
土の味
b0120001_22211158.jpg

先日買った高山なおみさんの「おかずとご飯の本」を見ながら,料理をしています
いわしの蒲焼きとか
ひき肉とマッシュポテトのグラタンとか。

ほんの少しだけ丁寧に下ごしらえをしたら
あとは一気に。
太い大根を,菜切り包丁でざくっと切ってしまうような
勢いをつけて仕上げてしまうところが気に入っています

ほかのレシピ本と違うこと。
作るうちから,食材が喜びの悲鳴をあげること
それを聞いた私も,負けずに喜びの悲鳴をあげるのです

とても単純なレシピなのに
マッシュポテトの味が濃かった!

すり鉢の中のじゃがいもが,宝石のかけらをまぶしたかのように,きらきらします


レシピを空で言えるくらい,たくさん作ろうと思います


今夜は,鶏レバーのしょうゆ煮


たっぷり眠っているにもかかわらず
目の下のクマが居座っているので。
[PR]
by clover-f | 2008-02-04 00:00 | いただくこと
春の足音を聞きながら
b0120001_13322859.jpg


寒い

凍えるように帰宅して,食事の用意にとりかかり
おみそしるくらいじゃ,体は温まらないから

お土産にもらっていた,「ほうとう」をすることに

さといもと,しめじ
はくさいと玉葱
油揚げにねぎをたっぷりいれて
というよりも,冷蔵庫じゅうの野菜をたっぷり入れて
味噌で煮込みます

ほうとうのとろ~りと,さといものとろ~りで,
家じゅう,ぽかぽかしました。


北国の人になったみたいで,おわんに2杯,食べました


隠し味
とろけるチーズをスプーンひと匙
コクがぐっと,増すのです。


外を眺めると,まだまだ灰色の寒さ
ほうとうの残りは,あと2回分


外の空気は寒くとも,大地はしっかり,温まっています
[PR]
by clover-f | 2008-02-01 00:00 | いただくこと
呼吸が深くなるのです
b0120001_22262266.jpg


突然,掃除機をかけようとしたら,突然
喘息の発作が出たのです

発作といっても,あぁ...なんだか,息苦しい。息苦しいなぁ。
という感じの,軽いもの

喘息の発作って,以外にストレスに関係があるらしいから
きっと,掃除機がいけないのですね


「私,きっと今,掃除機かけたくないのね」


と,いうことで


苦し紛れに,一服



いただく前の甘いおやつは
ワインの香りのするホワイトチョコをひとつ
b0120001_22302999.jpg

これがほんとにおいしい

山梨のサントリーワイン工場で作られているもの
もったいないから,ちびりちびりとやっています


b0120001_22352291.jpg




丸まっていた背中が,すーっと伸びるのです
けれど,肩は,すーっと下がるのです


さっきよりも


ずっと


呼吸が深くなるのです





+++


写真の器は,3年前,私が陶芸教室でこしらえたもの。
やっと日の目が見れました。
[PR]
by clover-f | 2008-01-14 22:41 | いただくこと
ちょっとずつのたし算
b0120001_2335144.jpg


うどんばかり食べていたからでしょうか
今日はむしょうに,グラタンが食べたくなったのです


いつもは太りそうだから,恐る恐るたべるホワイトソース
今日は,がんばった自分にご褒美
元気になった記念に,たっぷり作ってしまいました

バターを溶かし,小麦粉を少しずつ入れて
木べらで混ぜます

ちょっとずつです...

そこから,またちょっとずつ牛乳でのばします
今日は,ここでクリームチーズをひとかけら
最後に生クリームを入れてみました
ちょっとずつたし算すると,とてもなめらかになります


ぐるりぐるりと,
優しい風味のホワイトソースの完成です


別のお鍋で炒めておいた
具と一緒に,もうひとまぜです


オーブンを温め
お皿によそったグラタンと,とろけるチーズ
オーブンの中から,ぐつぐつと,話しかけてきます


その声を聞きながら,サラダを作りました
ドレッシングは,おいしいお店に教えてもらったレシピです
でも,まだまだあの味には,遠いのです


同時に完成した今日のお献立は,2品。
(まだ胃が痛いので,少量ずつです)


ゆっくりと食べました。
ちょっとだけ歓声をあげました
今までで,一番のおいしいホワイトソースだったのです


天才かも。
と,思いました


手作りって,すごいと思うのです。
食べたい分量だけ作れて,絶対にごみがでません


いつか,バターとかも,手作りしてみたいです




そして最近は,蜜蝋作りに夢中です
今日の写真が,その一こま
糸に,少しずつ,蜜蝋をつけていきます
ちょっとずつたし算すると,とてもなめらかに仕上がります




タスマニアから届いた,天然の蜜蝋の香りは
森のみつばちの香り


オーブンと,蜜蝋と。

今年の冬はきっと,だいだい色の温かさです
[PR]
by clover-f | 2007-12-15 23:20 | いただくこと
ひときわ丁寧に,灰汁をすくう
b0120001_23493835.jpg

昨日から,体がなんだか,すっきりしたいと言っています
昨夜は,お湯屋から帰ってきたあと

空腹のまま,就寝

そのためでしょうか
今朝はずいぶんと,いらないものが
なくなったような目覚めでした


そして仕事を終え
本当に久しぶりに,自宅とは反対方向の道へ進み
いつもの美容院で,丁寧に,自分をいたわりました




自宅に着くとすぐ
お茶の一服さえ入れないままに
今週末にどうしても食べたくなった
根菜の煮物にとりかかるのです




大きな鍋に,大きな昆布を一枚


さといもを塩水で洗う
蓮根の皮をむく
その間に,うずらの卵を茹でて
しいたけに模様を刻む


ちぎり蒟蒻を下茹でのあとは
骨のついた鶏肉を沸騰にくぐらせた


いりこと,かつおぶしを準備する



それぞれが
一番のタイミングで,お鍋に吸い込まれてゆく


音楽は
あえて付けないでいる自分に気がつきました

手のひらで生まれる小さな音たち
大きな鍋で生まれるたくさんの音たち


そして
見えなかったものが,静かに浮かんでくる


どこに,隠れていたんだろう
そう思いながら...





ひときわ丁寧に,灰汁をすくう





それまでの,どれよりも,時間をかけて




そうしているうちに,完成するのです
まだ他人行儀の,ぎこちない煮物たち



でも,一晩眠ったら
すべてがうまく,整っている
どうしてなんだろうって,いつも思う



煮物の話なんだけど
なんだか,人生なんです






ごぼうを入れ忘れたことも,何か関係あるのかな








今日から師走です
[PR]
by clover-f | 2007-12-01 00:09 | いただくこと
木こりたちの営むカフェ
b0120001_6425566.jpg


最後の出逢いを書く前に
芸術の森で食べたごはんの話。


ちょっとしたカフェのような食事をするスペース
私には,すこし苦手の,近未来的な無機質な建物の中にありました
けれど,そこから見える風景は,それはそれは,清清しい絵です

メニューを見ながら,ぬぬぬ。。。悩んだ結果
最近,あちらこちらで見かける白いカレーを食べました
b0120001_6501060.jpg


景色を見ながら,食べながら,食いしん坊の私は思ったのです。
このメニューが,「木こりの作った白いカレー」だったら,もっと楽しめたかも!
お皿やスプーンも,木でできたもので,
お水を飲むグラスも,まだまだ見習い中の,ガラス作家さんたちが作ったふぞろいなもの

メニューには,

魔女の煮込んだ和風ハンバーグとか
リスのあつめた木の実のスープとか

たぬきの好きな,チョコプリンとか
くまのへそくりで作った,ハチミツドーナツとか...

毎朝,それぞれの動物たちが,カフェに届けてくれるのです

そんな想像をしていたら,
森の中に,おかし工房ができあがってしまいました。
赤いレンガでできた小さな工房の,古い煙突からは,
おかしの焼けるいい香りが,森の中に広がります...

森を通りかかったキツネが,その香りに包まれて
ゆっくりと,幸せそうな,たれ目になってしまいます


あぁ...やっぱり私は,ここ(雨音)でも,そんな話をしてしまうのですね...
[PR]
by clover-f | 2007-11-01 07:00 | いただくこと
ある朝,遠い国を想う
b0120001_734969.jpg


休日の朝は,きまって,紅茶を飲みます
おき抜けにたっぷりのお湯を沸かし,ポットとカップをあたためて

まだ,ぼんやりとした頭と,いっしょにいただく紅茶。
紅茶の香りが,お休みの始まりを教えてくれるようです


実は,この紅茶の飲み方は,
イギリスの伝統的な飲み方のひとつ。
「アーリー・ティー」(ベッド・ティー)と,いわれるもの。

 名前のとおり,起き抜けにベッドの中で飲むもの
 その由来は,19世紀頃に中流階級以上の家庭で,
 指定した時間にメイドにベッドサイドまでお茶を運ばせたのが始まりなんだとか...
 今は,
 アーリー・ティーだけは,男性が女性に淹れてくれるものだとかも...

一日の中で,一番,贅沢な飲み方です
私の,休日のはじまり...

せっかく紅茶のいただき方について書いてみたので,もうひとつ

スコットランド地方の農村地帯に伝わる,飲み方のひとつに,
ハイ・ティーというものがあります。
夕方,仕事を終えて家に帰り,家族みんなで過ごす時間に
ほっとしながら飲むもの...

これは,私の一番好きないただき方。
寒い地域だから,あったかい暖炉や,蝋燭の優しいともしびに囲まれて
楽しい会話が弾むひとときは,いっそう,家族の心を温めるのですね


そのときの,紅茶の種類や,お茶のおともや,器にいたるまで
イギリスの,紅茶の楽しみ方は,
日本人が,お茶を楽しむことと,似ている気がします
と,いうようりも,世界中,たくさんの国での,たくさんのお茶の楽しみ方
きっと,そうなんですね。

お茶をいただくこと,生活を豊かに見つめるひとつの方法
家族とか,友人とか,自然の恵みとか


そうそう。
お茶のおともといえば,甘いおやつ。
オーブンの温度と色を見つめていたい季節にも,なりました。

先日,甘くて,心が温まりそうなアイルランドのリキュールを見つけたので
今週持って行った,職場のおやつの隠し味にしてみました。
甘いおやつが,ひとつひとつの笑顔に変わることを,
そばで感じることができるのは,
これ以上にない幸せ


ぐるぐると,ホイップする私の手から笑顔が生まれるなんて!


魔法って,ほんとにあるのですね
笑顔は,いろんな方法で,生まれることができる。
そんなことを,またひとつ,教えてもらいました。


   そして,そんな,私のおやつ工房
     笑顔が生まれる幸せの魔法たちが,増えてきました。
b0120001_7113819.jpg

[PR]
by clover-f | 2007-10-13 07:24 | いただくこと
お隣さんのとうがらし
b0120001_2302993.jpg

このとうがらし,辛いけれど,辛くない
不思議に甘いのです

先日,おかんが韓国に旅行したときのお土産
もらった時は,ふくろいっぱいのとうがらしでした。
「私をカプサイシンまみれにする気?」って思ったのだけれど,
あまりにおいしくて,大事に使いたいから,瓶に入れて,冷蔵庫で冷やしてます。

冷蔵庫といえば,うちの冷蔵庫。
こういった調味料を分けた瓶がやたら多い!
ごろごろと,自由気ままに寝そべった子どもたちで賑わってます。
あぁ。ファミリーサイズの冷蔵庫に,こんな瓶を整列させて,うっとりしたい...

さてさて,とうがらしと,最近のごはん
うち一品は,確実にこの子ががんばってくれてます。

あえもの
いためもの
サラダのドレッシング
なんちゃらのタレ
とにかく何でもおいしい!

ピン!とひらめいて,ピュアなごま油を購入
大さじ3杯ほどのとうがらしで,自家製ラー油!

ほかに,どんな使い方があるかな?
考える時間も,楽しいです

遥々海を越えてやってきたこのとうがらし君。
「おかあちゃん!ぼく,ここに来て,よかったよ!」
って,ふるさとのお母さんに,言ってくれてるといいな。


                 P.S 今日のとうがらし君 
b0120001_2316667.jpg

           私,こんな瞬間が,ものすごく落ち着きます   
[PR]
by clover-f | 2007-07-31 23:30 | いただくこと