雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:みること( 8 )
年輪
b0120001_14481066.jpg


午前7時,
春を想う空気の中
朝のドライブをほんの少し

休日の道路は,さらさらな
どこにも濁りなんてない,血液の中を
走っているような感覚になります


窓を開け,春の粒子に囲まれると
高校3年生,受験生になりたての頃を思い出します
春雨の降る,静かな雨粒の中を
バスに揺られて登校していました 



ドライブのあと
渡辺謙さん,樋口可南子さんの,「明日の記憶」を観ました

いい映画でした。とても...

たくさんの場面で,朝からいっぱい泣いたけれど
繊細な優しさが描かれた,温かい映画

日本の映画は,細やかな心の表現が,ほんとにうまいと思います。
でも,もしかしたら,「言葉」が分かる映画を観ているからかもしれません
そういう意味で,しみじみと観ることができる,日本の映画は落ち着きます

役者さんの,表現も,美しかった

そして,
主演の樋口可南子さんは,糸井重里さんの奥さん
この映画を観ようと思ったのも,糸井さんがきっかけですした
糸井さん,ありがとう



日本には,本当に,素敵な女性がたくさんいます




いい映画

週末の初めに,出逢えました
[PR]
by clover-f | 2008-01-12 15:00 | みること
それでも幸せは,すぐそばに在る
b0120001_21403387.jpg


売れない小説家も
借金を背負った踊り子も

夢を諦めかけた少年も
離れて暮らす,幼い子どもも


友だちを想うまなざしと
シュークリームひとつに,目を輝かせる瞳...



いつか見た風景を,穏やかに懐かしむ,おじいちゃんのとなり
スクリーンが,ずっとささやき続けていました



  「それでも,幸せは,すぐそばに在るんだよ・・・」



椅子も,階段も,小さな小さなあしもとのランプさえ,微笑む映画でした

やっぱり。いいですね。
  「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
[PR]
by clover-f | 2007-11-17 21:55 | みること
人のみる夢が,人の創る夢
b0120001_2028369.jpg


今週末は,土曜日に友人の披露宴に出席

そして,物語,おとぎ話のような,映画ばかりみていました。
と,いうよりも,最近ずっと本ばかり読んでいたから,
映画を観ることが,ひさしぶりです。


こんな児童文学があったなんて!
もっともっと,知りたいと思う,この頃...

とてもとても,感動してしまいました
「シャーロットのおくりもの」

生まれてまもなく,命の危険にさらされた,こぶた
少女に命を助けられるけれど,人間に食べられてしまうことを,知ってしまいます
おびえるこぶた。
そのこぶたを救うため,農場の納屋に,巣を作るくもが
必死に,人間にメッセージを送るのです
納屋にいる,ガチョウや,牛や,ねずみもがんばって,
人間にメッセージを送るのです...

たくさんの生き物たちの,心温まる,命の物語

動物たちも,植物たちも,
言葉を交わしながら,生きている
まさに私の想像する真実の世界!


原作の方が気になったので,簡単に調べてみました。
原作は,Elwyn Brooks White (E.B.ホワイト)(1899-1985) という方。
1899年ニューヨーク生まれ。
NYでいくつかの仕事につくけれども,
数年後,雑誌『ニューヨーカー』のライターを経て,評論・詩・小説を発表し,
20冊の本を出版します

そして,
1938年に田舎に引っ越し,
農場で動物たちに囲まれて生活しながらの執筆活動
たくさんの農場の動物が,彼の物語のモデルとなっています


ターシャにも,よく,似ています
とことん,私は,この世界が好きなんだなぁって,思いました
だからこそ,憧れが強いのかなぁ



私の児童文学作家の旅
まだまだ始まったばかりです
これからたくさんの作品に,出逢えるといいな。


11月の三連休は
日本の児童文学作家,童話作家に,逢いにゆく予定です。


人が想像した夢は,人が創る夢となり
また,人が,夢にみるのです...


夢をたくさん,創ってゆきたいです
[PR]
by clover-f | 2007-11-11 20:50 | みること
言葉を紡ぐ夜
b0120001_20324399.jpg


アメリカ,バーモント州に住む絵本作家 ターシャ・テューダ
90年代初頭の暮らしぶりをそのままに,絵本や花を創り続けています

”喜びは創りだすもの”のDVDに続いて,”魔法の時間の作り方”

ジンジャーブレッドや,蜜蝋作り
クリスマスツリーの飾りつけ
絵本に登場する動物たちとの暮らし

クリスマスを前に,エンドレスで,朝も夜も,流しています。
彼女の存在を部屋に感じながら過ごす時間は,
不思議と,私も何かを作りたくなるのです

おやつを焼いた後の甘い香りの部屋の中

静かな夜,ターシャと一緒に,言葉を紡ぎたくなります...
[PR]
by clover-f | 2007-11-04 20:41 | みること
豊かな心
b0120001_10175136.jpg


金曜日の夜のより道,みち草。。。

どうしても,見たい番組があったから,
それでも,10時には帰宅。

NHKの,プレミアム10
  フランス秋色散歩~ブルゴーニュ 小さな村の豊かな実り

フランスの,小さな小さな村の,実りのお話

私は,人が少ないといわれる場所は,
豊かな魅力がどこよりも多いって思ってて,
それは,日本しかり...フランスしかり...

けれど,古さを守ることには,たくさんのエネルギーと「誇り」が必要
自分たちの暮らす場所にしかない,豊かな実りの魅力にちゃんと気づけて
それを守る誇り...


「流行」といわれる,新しく生まれるものは,すぐ過ぎ去る
  字のごとく,流れ,行く...

たとえ,貧しい時代があったとて,心豊かならば
永い永い時間をかけて,そばに生まれる豊かなものたちと,
 永く永く,暮らしてゆける

あらためて,教えてくれた番組でした。



どこにいても,何をしていても,
          心豊かで,ありたい...


   たとえば,みち草だって,心豊かなしるしなのだ
 




+++



  実は,この番組。9夜連続の番組なのです
  でも...今日からは,BShiでしかやらないのです 

  「素朴な村のりんご祭り」とか「秋のキノコづくし」とか,見たいのに~!!
  
        お願い。だれか,録画して...
[PR]
by clover-f | 2007-10-06 10:15 | みること
たそがれ
b0120001_2121694.jpg


やっぱり,行ってきてしまったのです。  「めがね」

どんな映画で,どんな景色が流れてて,だれが居て...
ぜんぶ,知っていたのだけれど,
知っていたから行ってしまいました。
DVDが待てなかった...



たそがれる,才能って,あると思います。


この映画を観た感想です。


エディングが終わり,劇場が明るくなって,
後ろを振り返ると,
50代くらいの女性でしょうか,
涙を拭っていました。

年齢を重ねて,さらに心に響く何かがこの映画にはあるのだと思いました。
私も,この映画で,涙を流すには,
あと,20年ほど,月日を重ねなくてはならないようです。


映画を見に行くことをほとんどしない私。
一番の理由は,エンディングで,せわしなく帰ってゆくお客さんの姿。
私は,落ち着いて,映画を隅々まで堪能したい。

ところが,今日は違いました。
だれ一人,エンディングで立とうとしなかったのです。
それどころか,明るくなってもなお,静かに余韻に浸る穏やかな方々...

この映画だからこその,もうひとつの風景を味わったような気がします

学生のころ,よく通った,
ミニシアターの劇場の雰囲気とよく似ていました...



こんな風に,しっとりと,書いてみたけれど,
結構,中身は,やっぱりひょうきんな感じだったりします。けれど

b0120001_21332689.jpg

  
 
  「何が自由か,知っている」

たくさんの人生を生きた人の涙を誘うのは
この言葉なのかもしれません...
[PR]
by clover-f | 2007-09-24 21:38 | みること
雨の夜と,旅への想い
b0120001_23141621.jpg

最近,フランス映画特有の結末があまり観たくなくて,遠ざかっていたのだけど,
久しぶりに観てみました。

これまで何度も借りようか借りまいか迷った映画 「薬指の標本」。
正解でした。
 ため息の出るような映像美

映画の雰囲気は,このジャケットそのままの空気。あまりに綺麗なので,途中で何度か一時停止をかけて,絵を眺めてるほど...


原作は「博士の愛した数式」の小川洋子。「博士の・・・」原作で,私が感じたものは,意外にも,彼らの5歩後ろくらいに,お互い誰にも侵されたくない少しひんやりと湿った空気が漂っていて,そこが好きだったんだけれど,残念ながら,映画には感じられなくて・・・。この薬指の映画では,その空気を画面いっぱいに感じました。観てる私も,その空気に包まれて心地よかった・・・。けれど,愛する人のモノになろうとする。私にはそんな愛し方は到底できない...


しかし,スーパーモデルである主演のオルガ・キュリレンコ。着ていた服が,私の中でど真ん中。そろそろ始まる秋の装いに,その空気を取り入れてみたいな。と,思いました。(思うだけなら許して頂戴)


今年は,最後まで夏に乗り遅れてしまって,ものすごいスピードで秋に向かって行ってて,先日の沖永良部行きの欠航が,とどめをさしてくれました。今も,汗さえかかなければ,カーディガンを着ていたい...そんな感じです。

そしてね。ほんとは,もうひとつ。行きたい場所があるのです。

そこは,北軽井沢...
 本と,珈琲が似合う場所
この映画の彼女のような,そんな雰囲気が似合うだろうな


近いうちに行ってみたいと思います。
 外は静かな雨音。 また,旅の計画が楽しくなりそうです。
[PR]
by clover-f | 2007-08-12 23:54 | みること
b0120001_2315532.jpg

金曜日の夜,最近家でゆっくりしていなかったんだなぁ...
久しぶりに見ることができました

     美の臺

ジャズと和の組み合わせが,クラクラきます
「粋」って言葉を作った人は,すごいと思う

年を重ねないと,醸し出せない「粋」が,あるのですよね


 92歳の華道家
 70歳の茶道家
 91歳の絵本作家
 

カッコイイ
私のまわりの,粋な方たち
ここ最近,ずっと夢中です



b0120001_23152444.jpg


       
今の私の粋は...変わりゆく食材と,道具の表情...



 豆腐を作りました。 
      
              粋 な味でした
[PR]
by clover-f | 2007-08-10 18:12 | みること