雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
珈琲日和
万華鏡
しろつめ文庫
ハーブガーデンしろつめ。
木蔭のアムゼル
カテゴリ
全体
あること
よむこと
きくこと
みること
であうこと
いただくこと
ならうこと
雨音
小冊子「雨音」
蜜ろう作家
ものがたり。
旅すること。
手仕事。
絵本
未分類
以前の記事
2013年 05月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:蜜ろう作家( 1 )
森とつながる蜜ろう作家
b0120001_21422630.jpg


久しぶりに,今週末は実家に帰れます。
3週間振りの,お休み。たった一日だけれど。

よくよく考えたら,月に一回の休みでも,体が耐えられるようになったんだなぁって,ちょっとだけ感動しています。ほんの,ちょっとだけ。

スイッチをパチン。って切り替えるところとか。
一瞬で気持ちをオフにして,マリオネットの糸がぷつりと切れたときのように,深く深く眠ったり。

たった5分。庭を歩き,花の芽に,うっとりしたり,野菜の虫たちに小言を言ったり。


時間がないなりに,いろいろとできるものだなぁって。
最初は愚痴ばっかりだったけれど。慣れるものだなぁって。


そして,一番大きな,スイッチの瞬間が,この蜜ろうに火を灯す瞬間なのです。



とても貴重な蜜ろうを,絶え間なく,おしみなく。自宅に帰り着いてから,眠る瞬間まで,何時間も火を灯すことができるのは,我が家の蜜ろう作家のおかげなのです。

数時間後の部屋の中は,甘い,蜜の香りがほのかに香ります。すべて自然の成分なので,空気も綺麗になります。


何よりも,ゆらめく炎を見つめながら,たくさんの物語や,夢に想いを馳せたり,浮かび上がる影に,命を感じたりする瞬間が,忙しい日々に潤いをもたらしてくれました。


私の友人にも,おすそ分けができました。
蜜ろうが好きな友人が多いので,とても嬉しい笑顔にも出逢えました。


森をゆくみつばちは,蜜ろう作家と出会い。
生まれた蜜ろうは,笑顔を生みました。



なんだか,とても素敵です。




今日も,たくさんの窓辺で,
幸せに火が灯りますように。





 
[PR]
by clover-f | 2008-12-11 21:55 | 蜜ろう作家