雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
珈琲日和
万華鏡
しろつめ文庫
ハーブガーデンしろつめ。
木蔭のアムゼル
カテゴリ
全体
あること
よむこと
きくこと
みること
であうこと
いただくこと
ならうこと
雨音
小冊子「雨音」
蜜ろう作家
ものがたり。
旅すること。
手仕事。
絵本
未分類
以前の記事
2013年 05月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
除草剤は嫌いです
ここ数日の息苦しさの理由が,1泊2日の実家から帰ってきて,確信的に分かりました。


庭の雑草たちが,こんなに夏の空の下にいるというのに,茶色に,枯れているのです。
1泊の間にも,確実に,その姿が進んでいました。


先日,こんな会話をある方としたのです。

「庭の雑草が,伸びすぎて,ひとりじゃ雑草取りも追いつかぬじゃろう」

「まぁ。そうですね。でも,大丈夫です」

「それだったら,除草剤を撒いてたら簡単じゃ」

「でも,大丈夫です」


ちゃんと,伝えなかったから
「私は,雑草が好きなんです。」
そして,
「除草剤は,嫌いです」と


私の応えを,遠慮と受け取ったある方が,きっと先日除草剤を撒いてくださったのだと思います。


どんどん死んでゆく雑草たち
息が止まる瞬間が,すべて体に伝わってきます。
私の指先は,それと同じように,土色に変わってゆきます。



伸びた雑草が朝露を含んで,歩くたびにズボンの裾を濡らしたり
雑草たちにわんさと隠れていたバッタが,歩くたびにピョンピョン逃げてゆく姿

思い出して,変わり果てた姿



あいまいな,私の態度が招いた事実。


勢いよく鳴き続ける蝉の声を背に,しゃがみこんでは,カラカラになったちいさな葉っぱを手ですくい,それは力なく,指の隙間から落ちてゆく
茎も細くやつれていて,乾いた音かするのです


もう息吹は感じられない
[PR]
by clover-f | 2008-07-28 11:51
<< デッドエンドと根っこのチカラ 急冷却の一日。 >>