雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
除草剤は嫌いです
ここ数日の息苦しさの理由が,1泊2日の実家から帰ってきて,確信的に分かりました。


庭の雑草たちが,こんなに夏の空の下にいるというのに,茶色に,枯れているのです。
1泊の間にも,確実に,その姿が進んでいました。


先日,こんな会話をある方としたのです。

「庭の雑草が,伸びすぎて,ひとりじゃ雑草取りも追いつかぬじゃろう」

「まぁ。そうですね。でも,大丈夫です」

「それだったら,除草剤を撒いてたら簡単じゃ」

「でも,大丈夫です」


ちゃんと,伝えなかったから
「私は,雑草が好きなんです。」
そして,
「除草剤は,嫌いです」と


私の応えを,遠慮と受け取ったある方が,きっと先日除草剤を撒いてくださったのだと思います。


どんどん死んでゆく雑草たち
息が止まる瞬間が,すべて体に伝わってきます。
私の指先は,それと同じように,土色に変わってゆきます。



伸びた雑草が朝露を含んで,歩くたびにズボンの裾を濡らしたり
雑草たちにわんさと隠れていたバッタが,歩くたびにピョンピョン逃げてゆく姿

思い出して,変わり果てた姿



あいまいな,私の態度が招いた事実。


勢いよく鳴き続ける蝉の声を背に,しゃがみこんでは,カラカラになったちいさな葉っぱを手ですくい,それは力なく,指の隙間から落ちてゆく
茎も細くやつれていて,乾いた音かするのです


もう息吹は感じられない
[PR]
by clover-f | 2008-07-28 11:51
<< デッドエンドと根っこのチカラ 急冷却の一日。 >>