雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
小さな涙のあたたかさ
b0120001_21441417.jpg


お誕生日プレゼントに,いただいたもの

3歳の,小さな男の子から


彼は,お母さんと一緒に私の家にやってきました
私のいない,お昼のこと


いつも笑顔で迎える私のことを,その日も想像していたのでしょう
固く閉じたドアの前

彼は,大きな声で泣きました


私がいないことが,悲しい
私に会いたいと,大きな声で泣きました



お礼の電話の向こうでは
すっかりはしゃぐ,声の彼
お昼のことを優しく教えてくれた,彼のお母さん



今度は,私しかいない玄関で
彼の涙を想いました



彼の小さな優しい涙が,あしもとに落ちていたらと,探しました
[PR]
by clover-f | 2008-02-07 00:00 | あること
<< しっかりと暮れた空 土の味 >>