雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
呼吸する窓
b0120001_2049949.jpg

まだまだ,朝,布団から出られなくなる寒さじゃないけれど
(布団からは毎朝,出たくないけれど)

今朝は,またひとつ。冬のかけらを見つけました

起き抜けには,いつも,たっぷりのお湯を沸かすのだけれど

それは,
お味噌汁用
お茶用
ポットに詰める,珈琲用

今朝も,同じように,しゅんしゅんと,たっぷり沸きました
ひとつひとつ,朝のことを済まし,
洗濯物の番

外に出ようと,大きな窓に近づきます...

その窓には,たっぷりのお湯がつくった,たっぷり湯気のくもり!

思わず,にこにこ顔を,指で描きたくなりました
冬の大好きな窓のくもり


窓が,白い息をしているようにも,見えたのです
[PR]
by clover-f | 2007-11-21 07:01 | あること
<< りんご 喧騒の中の静寂 >>