雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
珈琲日和
万華鏡
しろつめ文庫
ハーブガーデンしろつめ。
木蔭のアムゼル
カテゴリ
全体
あること
よむこと
きくこと
みること
であうこと
いただくこと
ならうこと
雨音
小冊子「雨音」
蜜ろう作家
ものがたり。
旅すること。
手仕事。
絵本
未分類
以前の記事
2013年 05月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
喧騒の中の静寂
b0120001_19471148.jpg


昨日,新日曜美術館をみてました。

フェルメール。「牛乳を注ぐ女」

あまりに有名な絵だけに,その絵を見る機会はたくさんあるのだけれど
(もちろん,本物じゃないけど)

40センチ四方ほどの,
それほど大きくない絵の中で起きている出来事


壁に刺さった釘の後の錆
小さく割れた窓ガラスから差し込む光

点のように描かれた,ひとつひとつの光の粒子が
繊細に,繊細に,表現されていました


フェルメール・ブルーといわれる鮮やかな衣服の青は
ラピスラズリの粉を,特殊なオイルで溶いて描いていること

細かなパンの欠片は
小さな砂を,絵の具に混ぜて,乱反射で質感をみせること


知らなかった,
見つめれば見つめるほどの魅力
何も言わずに,ただ,吸い込まれてしまいました。

彼が,宿屋の二代目主人だったってことも
だからこそ求めた喧騒の中の静寂も

もしかして,彼の中でも,閉じた開放が起きていた...


最近,言葉にならない存在に,よく出逢います


時間をみつけて,図書館に画集を見にゆこうと思いました
本屋さんで売ってる,黒い背表紙の画集も,欲しくなりました...


言葉にならない存在が,どんな私を作るのか。
それが,なんだか,楽しみです...
[PR]
by clover-f | 2007-11-19 20:09 | あること
<< 呼吸する窓 それでも幸せは,すぐそばに在る >>