雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
西の夜明けに
b0120001_7402343.jpg


今週は,なんだかとても長くて
週の途中で出張などもあったけれど,なぜか,とても長く感じました

お花とお茶の先生が,京都に行かれてて
教室がお休みということも,あったからなのかも...

日常に,同じリズムを繰り返す時と,
日常に,自分の色を変える時があることは,
とても大切だと感じた一週間

今朝は,昨夜,少しだけ夜更かししたにもかかわらず,
早く目が覚めました。

「ゆっくり,夜明けを楽しみなさい」

そういわれているような,目覚め...
いつものように休日の紅茶を淹れて,久しぶりに裏庭へ出ました
アウトドア用の,ゆったりと座れる椅子に腰掛け,空を眺める
たっぷりと,湯気の揺れるカップを見ながら,
いつもは見ることのない,西の空を見上げました


そこには,
一晩中,闇を照らし,夜を見守った,まるく,美しい月


外に出なければ,会うことができなかった月
 今週,ずっと,同じ時に, 知られずそこにいてくれたのかと

今週の,私の夜明けを,見守ってくれていたことに,
ありがとうと伝えた,週末の始まり


 窓から訪れる, 金木犀の優しい香りに,
  
                    包まれています...
[PR]
by clover-f | 2007-10-27 07:54 | あること
<< 暖炉はきっと,幸せを連れてくる いにしえの十三夜 >>