雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
珈琲日和
万華鏡
しろつめ文庫
ハーブガーデンしろつめ。
木蔭のアムゼル
カテゴリ
全体
あること
よむこと
きくこと
みること
であうこと
いただくこと
ならうこと
雨音
小冊子「雨音」
蜜ろう作家
ものがたり。
旅すること。
手仕事。
絵本
未分類
以前の記事
2013年 05月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
遠く遠くの雨音
b0120001_21493148.jpg


午後2時くらいだったでしょうか

 梅雨を思い出すずいぶん湿った生暖かい風が
      ふっと涼しい風に変わりました。

  水分はたっぷり含んでいるけれど,どこか,ひんやりとした風


   「遠くで雨が降り出したね」


 その場所に雨は降っていなかったけれど,
   深呼吸した肺の,一番深い部屋が, 雨を感じていました。


 
  
  ワイパーのギアを入れた運転手
  足早に,コンビニに吸い込まれる大学生

  
  雨を受け入れる自然たち  雨粒に揺れる木の葉   色を変えるアスファルト

  
  見えないものが,見えた景色が心地いい

       

          「 いつもどこかで,朝が始まっている... 」

            大好きな詩と,音楽が溢れ出しました


   
  
[PR]
by clover-f | 2007-10-09 22:05 | あること
<< 78番通りの待ち合わせ 幸せが訪れますように... >>