雨音を聴くときのように...
by clover-f
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
元気でいらっしゃいますか。
そしてまた、ひさしぶりの更新です。
こちらのブログをそのままにしていて
閉じもせず、進みもせず。

それがかえって心地よくて
たまに、ふらりと訪れたりしています。
自分のブログですが
もう、自分のブログのようではないみたいに。

暮らす時間の流れが
家族中心になって3年がすぎました。
娘が生まれて、もう1年と8カ月。


それでも、お味噌汁のだしの煮干しを
バーミックスを持っているにもかかわらず
すり鉢で粉末にしたり
ときには頭と、はらわたを分けたり

食べることへのていねいさは
大切にと、日々をおくっています。


手間を惜しまず食材と向き合える時間があるのは
すべて旦那さまのおかげです。

好きなことを
好きなようにさせてもらえて
感謝のひとこと。



娘がアレルギーをもったみたいなので
私の自然食志向は、ますます向上しました。

我が家からお肉も消えかけています。
唯一食べているのは
平飼いにしてある地鶏のささみのみ。
それも、家族で月に3,4本程度。
最初は、むずむずしましたが
今はなれました。
それくらいで、ちょうどよいみたいです。


最近は、植物性の甘いおやつを研究していて
ちょっと食べすぎました。
それで、鼻炎のような症状。
甘いものを食べ過ぎると、体に水がたまります。
それを外に出そうとする体の反応が
鼻周辺のトラブルなんだそうです。

体のこと
予防医学も学び始めました。


でも今日みたいに、連休前日に
なんだか夜更かし。


こうやって、ちょっと不真面目な日を設けつつ
お日様とともに暮しています。






皆さんも、お元気でしょうか。

お会いしたことない方
お会いしたことのある方

ここを訪れてくださっていた方々のことは
ときおり思い出しています。


穏やかで
健やかでありますように。
[PR]
# by clover-f | 2013-05-02 23:55 | あること
雨音の中で...
b0120001_0255670.jpg


暖かな、雨音の一日。

とても久しぶりに書いています。


ずっと更新していないままですが
見に来てくださる方がいらっしゃて
ほんとうに、嬉しい。


元気でいます。
毎日、とても早く過ぎていますが
娘との一日は、豊かです。


久しぶりに雨音を聞いた一日。

雨どいのない屋根から
トントンと落ちてくるしずく。


雨に濡れたふきの葉に
とたん とたん と落ちる様子が
娘も気に入ったよう。


音楽も、テレビも
できるだけつけることはしないで
自然の音に耳をすますと

娘のほうが
私より早く音を見つけます。


小さな目が
一回り大きくなって

「今、聞こえた?」

目だけで
そう聞いてきます。



その中にいると
私のほうが赤ちゃんみたいに
娘の聞こえるほうに
耳をすまします。

本当に、子育てとは
豊かな仕事です。




「雪呼ぶ嵐」

先日の雨風は
そう呼ぶそうです。



今夜は温かいですが
クリスマス頃にはまた寒さが舞ってきます。


どうぞ、どうぞ
みなさん、あたたかな日々を。







写真は
たまに焼く ホットケーキのおやつ。
[PR]
# by clover-f | 2012-12-16 00:35 | あること
土の音。土の味。

結婚する前までは

気の向くままに
パンを焼くのが楽しみでした。

ベーグルが好きで
ケトリング中の、もうすぐあのもっちり。な時間が
たまらなく幸せでした。


結婚して
出産して
娘もそろそろ1歳。


一緒にできる家事が少しずつ増え
イーストのパンの狭いタイミング狙いよりも
酵母をおこすゆっくりのタイミングのほうが
ときおり娘がまったなし!になる今の時間にあっているかも。


と、思い。



昔買った本を開く。




林弘子先生の、パンの本。


そういえば、彼女、ブログをしていたんだったと
彼女の文章が読みたくて
ブログへアクセスしようと試みる。
失敗。


おかしいなぁ。
どこにいったのかなぁ。


とする隙間に飛び込む
亡くなられたとの文字。



ちょうど2年前のことでした。
私が、ネットは主人のブログ更新がやっとで
毎日せわしなくしていた頃。



今日まで彼女は、国分寺の自分のアトリエで
今日も、生徒さん達に発酵の面白さ、魅力を体で伝えていると
疑いなく思っていました。

なんだか、ぽっかりと
一気に力が抜けました。

そのことを知るのが2年後だったなんて。


彼女は、食べ物を通して
自然とともに正直に生きることを
教えてくれた人でした。

彼女のようには
まだとうていなれてないけれど


長い時間の末に知ったことも
きっと意味があるのでしょうか。

私が、私としてできること。

一人パンを捏ねていたときにはない
たくさんの役割の中で。


妻として、母として
焼き物屋として。
ただの人として。


彼女の精神を
伝えるたくさんの人の中の
ひとりになろうと思いました。


ほんの少しでも、発信できるのであれば。
彼女へのオマージュの意味を込めて。
[PR]
# by clover-f | 2012-08-10 09:27
ずいぶんと南の空。
b0120001_0132543.jpg


やっと、自宅にネット環境完了です。



ふぅ。

ここは、落ち着く。





なぜかコメントが見えなくなっていて
何回か返信したんだけど、コメント欄が開きません。

miyuさん、nmieちゃん。
コメントありがとうございます。
もう、1年近くたってしまいました。


娘ももうすぐ1歳。




空に、入道雲。

ここはずいぶんと南の空。



今日は北海道から贈り物が届く。
北の空、それも道東は、もう夏が終わったと聞きました。


太陽が、色が恋しいよ。
そんな風に言う友人に、マンゴーを贈ろうと思います。



森の湖の色や
カッコウの声。

高く、青い空。
白樺の森。


思い出して、日々を送っています。





追記。

コメント欄を閉じていたのは、どうやら私。
いつやったのかしら。
コメント欄再開しました。
[PR]
# by clover-f | 2012-07-24 00:27
日々
b0120001_1553198.jpg

里帰りが終わり

自宅に戻りました


娘との1日


さっそく腱鞘炎になったり

寝不足になったり




泣いてる娘と洗濯物に

日々あくせくしたり


出来ることが、8割減った


そんな日々








でも、初めてふたりで出掛けた図書館


眠った娘を抱いて

起こさないように

大急ぎのたった10分


育児の本3冊と

スープの本1冊



たったこれだけのことが

嬉しくて嬉しくて



帰り道

久しぶりにみた外の風景は


稲穂が黄金色で

そばの花が揺れていて




初めて見る世界のように


うっとりしました





なんだか、娘とともに

初めてのことを

経験しているみたい




今の私の日々



写真は、窓からみる風景



家の両側が納屋なので


脇に見える緑に


広がる風景を想像しています






いつも見ていてくださるみなさんに

時々こんなふうに

お手紙を書きたいと思います
[PR]
# by clover-f | 2011-10-10 15:05 | あること
生まれました
b0120001_1321536.jpg

23日、午後5時56分


48cm、3278gの女の子が

無事に生まれました。






予定外の難産で

緊急帝王切開









命を育み

それを産み出すこと



私の体から

新しい命が産まれた瞬間


その尊さが

胸いっぱい満ちました











まだ、入院中ですけれど

母子ともに、健やかです。









まずは、報告まで。











秋みたいな空が広がっているなぁ



そう思ったら



もう



本当に秋なんですね





雲が、柔らかく



泳いでいます
[PR]
# by clover-f | 2011-08-31 13:02
その後
b0120001_1133378.jpg

引っ越しして
3、4日がすぎました。

まだまだ家は段ボールだらけですが

食べることと
眠ること
着るもののことは

あらかた済ませました。


義母の実家であるこの家は
築100年をかるく越えていて
建物や、果樹、古い道具に

その長い時間を感じています





以前

全自動洗濯機の、洗濯層クリーナーで、
ヘドロが大量に出てきたのを
ずっとトラウマになっていて


でも、時間との戦いだったこれまでの生活では
やめることができなかったけれど




ここに来て、全自動洗濯機をやめました


2層式のやつに。





時間はかかるけれど
全自動のすすぎが、全然すすぎをしていなかったことを知ったし

界面活性剤が入っていない洗濯せっけんで

ぴかぴかの白になりました

下着や靴下は
やっぱり洗濯板がきれいになります

何よりヘドロを気にしない気持ちよさ



今日は2時時間かかりましたけれど










100年前からの洗濯物干場で


100年前と同じように






洗濯物が揺れています
[PR]
# by clover-f | 2011-06-28 11:33
さようならです。
b0120001_13325736.jpg


人は何度か生まれ変わるんですね。


脱皮。

というのでしょうか。


その皮は,分厚かったり
ひらりとした,薄い膜のようだったり。


今回は,それほど分厚いものではないようだけれど。





とにかく。



捨てています。



写真。

服。


思い出。



音楽,映画。


冷蔵庫の中身。



捨てたくてたまらない。







あぁそうだ。
冷蔵庫の中身は,今月末,引っ越すから。
産休に入るのです。



鹿児島の,一番北にいたはずなのに
南へ南へ。









たぶん,今。

生理的に捨てたいんだと思います。



ずっとむかしから
お腹の奥にたまっていたものが
掃き出されるように


いらない菌が,体から勢いよく出てゆくように。



とてつもなく

気持ちがいいです。






ひとつの命が生まれるからでしょうか。




今月末で,携帯電話とも,さようならです。

潔く。


電磁波から,さようならです。








洗濯機もいらない。

変わりに,洗濯板が欲しいくらいです。
[PR]
# by clover-f | 2011-06-04 13:42
お花とお弁当があれば。
b0120001_10445087.jpg

少し季節を先取りして
新緑の写真を


さてさて。

今日は,旦那さんも休みをいただいて
花見に行こうとしています。

今年,3回目の花見。


ひとつめは,公民館に咲く,7本の「伊豆の踊子」(←という名前の早咲きの桜)
ふたつめは,静かな雨の降る日の,たくさんの梅の木
みっつめは,花曇りの今日,近所の桜並木


今日でお腹の子は,6ヶ月に入りました。
お腹の名前をぴーちゃんといいます。


ちょっとずつ重くなるぴーちゃんを
ゆっさゆっさ揺らしながら
お弁当をこしらえていると

ぽよん。ぼよよん。

と,ぴーちゃんが主張してきます。

だから,今
休憩中です。

3時間くらいかけて
べんとー作ってます。



花見がメインか
お弁当がメインか


もちろん。お弁当です。



ふたり前なのに,今日は本格的にお重を使います。
おいなりさんが,主役です。



この春は,まだまだお花見をしようと思っています


来週辺り,実家近くのすっごく大きい公園の桜で。
再来週辺り,自宅の前のれんげ畑で。

お花見は,桜や梅だけじゃないんです。


菜の花も
タンポポも
レンゲも。


お花と,お弁当があれば

それはそれは,幸せです。
[PR]
# by clover-f | 2011-04-03 10:54
たくましくやっていることでしょう。



気がつくと,あれから2ヶ月...

今日は風が冷たくて
外でいろいろしようと思っていたのだけど
やめました。


この2週間が大きくて
最近は,悪夢ばかり見ています。

それはそれはスプラッタ。
ここでは,とうてい書けそうにありません。
家族にちょこっと詳しく情景を伝えたら
気の毒でした。

津波の夢も見ました。
振り返ったら,津波の現場に行っていました。


きっと,テレビから得た情報を
整理しきれなくて,夢で,脳が浄化させているような
気がしています。


何かの情報が自分のなかで何かを強烈に作ってしまうこと。
意思とは全く関係ないところで。

これは私の性質のような気がして
33歳も過ぎると,ちょっと慣れました。



お会いしたことはないのだけれど
気になっていたあの方たちが
ネットで無事を伝え始めてくださっていることが
何よりも嬉しい。


でも,まだまだ,問題がたくさんあって
実際に家族がふたり,親戚も多数関東にいるので


お水のことや野菜のことも心配です。



そういえば,こんこんと湧き出でる泉の夢も見ました。
その泉の中に潜って,砂からもくもくと出ている水を見て
水の中で,両手で拝んでいたのが今日の夢です。

お地蔵さんもたくさん出てきました。

知らない子どもが3人やってきて
私はその子達に,玄米ご飯をたいてやりました。

そこで目が覚めました。




久しぶりにスプラッタじゃない夢です。



私の家族はたくましくやっていることでしょう。
そう思うことにしました。



私もたくましく,やっていかなければ。




あと5ヶ月で,母になります。
[PR]
# by clover-f | 2011-03-26 14:57 | あること